雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

ハムスターは部屋の温度に注意して飼うこと

投稿日:

・冬の世話

冬は冬眠してしまわないように、寒さ対策は万全にしておきましょう。ペットのハムの冬眠は危険です。

・秋の世話

夏毛から冬毛に換わる季節。こまめなブラッシングで抜け毛を取ってあげましょう。朝晩に急に冷え込むこともあるので、寒さ対策を万全にしてください。

・梅雨~夏の世話

日本のジメジメした夏は、ドワハムの故郷、ヨーロッパ~中央アジアとは大違い。この時期、なによりも大切なのは暑さ対策。とにかく、暑さ対策は念には念を入れてください。窓を閉めっばなしにしての外出は、室温が仙度以上になることもあるので、非常に危険です。ハムが熱射病や脱水症状になってしまいます。

梅雨~夏の世話の注意点

巣材が多いとハウス内の温度が上がってしまうので、この時期は巣材を減らましょう。冬と同じように、ドワハムにとって厳しいシーズンなのが梅雨から夏にかけて。エアコンが使えない場合、とにかくケージを風通しのよい場所に置いてください。アイスノンや保冷材をケージの下に、水を入れて凍らせたビニール袋やペットボトルなどをタオルを巻いたうえでケージの周囲に置く、などの対策も必要です。

暑さに弱いドワハムのために、次のようなことを注意してあげましょう。冷房が入ったり切れたりの状態は、ドワハムの健康にあまりよくありません。エアコンをつけておく。また、エアコンの風がケージに直接当たらないよう注意を。できれば、1日中エアコンのスイッチを入れっばなしに。つねに室内の温度が20~28度になるように設定してください。暖かく快適に。

・春の世話

1日の温度差が10度以上あると、ハムは体力的にまいってしまいます。温度や湿度が安定していて、しかもハムにとって快適な気候が春。とくに注意すべき点はありませんが、朝夕の冷え込みには十分に注意を。また、冬毛から夏毛に換わるシーズンが春。歯ブラシなどを使って、やさしくブラッシングをして、抜け毛を取ってあげましょう。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

銀座カラーでの全身脱毛の体験談

ある時、私の嫁が全身脱毛をしたいと言い出しました。嫁が、実際に全身脱毛を体験して、かなりよかったというサロンがあり、そのサロンが、「銀座カラー」で、日本全国に店舗を構える超有名店でした。 嫁が脱毛サロ …

no image

ネズミ狩りの名手テリアの仕事

テリアの中に、とくにネズミ獲りのために改良された犬種がいる。現在でも、ネズミ退治のためにテリアを使う農夫は多い。マンチェスター・テリア、スコテイッシュ・テリア、ケアーン・テリア、ウエスト・ハイランド・ …

no image

犬猫の祖先はミアキスと呼ばれる小さい動物だった

古代生物学者のほぼ一致した意見によれば、犬の前身はミアキスと呼ばれる、木に棲む不思議な小さい動物であった。この動物はおよそ四〇〇〇万年前に生息していた。ミアキスはミンクぐらいの大きさで、短い脚、長い尾 …

no image

イヌが数を数えることができると証明したある例

ある人はカナダのブリティッシュ・コロンビア州ヴァンクーヴァー島で開かれた犬の訓練競技会に参加していた。犬を参加させていた人と連れ立って、近くの野原に散歩に出かけた。彼の美しい雌のラブラドール・レトリー …

no image

オンリーワン製品を開発するのが我々の役割というあるメーカー

「オンリーワン製品を開発するのが我々の役割であり、それにより流通ルートから期待され、信頼されるメーカーとして、消費者には健康、安全、安心、快適、利便な製品を提供するメーカーとして支持される」ことをめざ …