雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

ハムスターに元気が無い場合

投稿日:

ハムスターに元気がない、眠ってばかりいる、食欲がないなど、明らかになんらかの病気が疑われるとき、人間用のかぜ薬などを与えてしまう人がいます。でも、これは絶対にやめてください。人間用の薬でドワハムに与えていいのは、一部の整腸剤やビタミン剤など、左の表にあるものだけです。ハムスターの歩き方がおかしい場合、ハムがこれ以上歩き回らないよう、小さい水槽型のケージや適切な大きさの箱などに、床材などクッション代わりになるものをたっぶり詰めて、そこへ移動して。

また、どこかケガをして出血しているときは、とりあえずガーゼなどで圧迫止血を。元気がないときは、寒さは命とり。ハムが体を冷やさないよう、ケージ内を度以上に暖かくしてあげてください。定期検診はしているか?安心のため、定期的に獣医さんの診察を受けておくのが一番。爪や歯は伸びすぎてないか?環境やエサが適切てないと伸びっばなしに。からだにシコリはないか?腫瘍がある場合、触ったときにシコリを感じる場合が多い。

病気やケガのとき

体調が悪い場合、暖を取りながら、夏場にはタオルでくるんだアイスノンをケージの下に置くなどして、体調を悪化させないように気を配ってあげて。また、先生が症状を判断しやすいように、最近のフンやおしっこなど、判断材料になるものも一緒に持っていくとよいでしょう。病気やケガのとき、そしてふだんからのドワハムの健康管理の大きな味方が、かかりつけの病院。

しかし、イスやネコに強い病院は一般的でも、ハムスター、とくにドワハムに詳しい病院となるとまだまだ少ないのが現状です。病院へ連れて行く場合、言葉が話せないドワハムだけに、病状はあなたが正解に伝えられるようにしておきたいものです。日ごろから体重や献立などを記録したものがあるなら、それも持っていきます。治療内容に不安があるとき、ハムの診断に必要な検査には、意外に役立つのがインターネット。たくさんあるハムスターのホームページの中には、医療機関の情報を載せたものも。その他、ペット雑誌や電話帳にも情報があるはずです。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

番犬 猟犬、牧羊犬は、人間にとって有用であるから生き残る資格がある

イスラム教で犬が最大の活躍をするのは、経典に出てくる七人の眠れる人の物語であろう(ただし、キリスト教でも同じような物語が形を変えて残っている)。ある種の犬、とくに番犬、猟犬、牧羊犬は、人間にとって有用 …

no image

犬の起源についてはたくさんの民話が残っている

動物は同胞ではないが、目下でもない。彼らは私たち同様、命と時間の網に捉えられた、別の国の住民なのだ。筋肉と骨格の強度のちがいが、犬はネズミより強くゴリラより弱いという事実を決定する。犬の眼球の構造が、 …

no image

犬種別の気性や知能についてとなると良くみせかけようとする傾向

犬の種類に関する本には、ブルドッグは慢性の呼吸器疾患を抱えがちであること、ダルメシアンは何代か続くと先天的に耳の聞こえない子犬が生まれる傾向があること、ダックスフンドは脊髄障害が出やすいこと、あるいは …

no image

犬が人間に使えた歴史は数えきれないほどある

番犬として立派に人間に仕えた犬の物語は数えきれないほどある。その一例が、一五七二年にネーデルランドが独立を賭けてスペインと戦っていたときの物語である。攻撃は周到に計画され、ジュリアン・ロメロ率いる六〇 …

no image

犬のしつけや訓練で集中する能力などを身につける

有用犬に必要なのが、ほかのことに気をとられない能力である。この抑制力がなければ、訓練や作業のあいだにすぐに気を散らしてしまうだろう。犬は別の行為をがまんし、興味を惹く物体や音や匂いに対する反応を抑制し …