雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

ハムスターにアロマテラピーで免疫力アップ

投稿日:

・免疫力アップにアロマテラピーも有効

ラベンダーやユーカリなどの工ッセンシャルオイルを使ったア口マテラピーは、ストレス解消だけでな、ハムの免痩力も向上するとの報告があります。現在、一部の動物病院で成果を打ているのかアロマテラピー、いわゆる芳香療法。方法は部屋に香りを漂わせるというもの。一度試してみてはいかがでしょうか。

・ハムスターへの強制給餌

少量を丸めて、首の後ろを持って保定すると自然と口を開けるので、口の中の上アゴにベタッとはりつけてしまいます。自分で食べようとしないなら、ペーストをゆるめの液状にして、スポイトを用意します。同様に保定し、スポイトでピュッ。このとき、あまり奥まで入れると気管に入ってしまうことがあるので要注意です。1回の時間は短時間で終わらせる必要があるので、少しずつ何回も行うようにして。強制給餌の回数は、学校や仕事がある人でも、1日に最低3回(朝、帰宅後、就寝前)はあげてください。1日に10回や20回など、多ければ多いほどグッド。

ハムスターとサヨナラするとき

・ハムスターとサヨナラするとき

いつかは、愛ハムとの別れかやってきます。ドワハムの寿命は約2歳から2歳半。大切なのは、ハムか死んでしまった後に自分を責めないこと。かわいいハムとのサヨナラはとてもつらいことですか、なんとか乗り越えてださい。どうか、ドワハムとの楽しい生活を思い出して、うちに来てよかったね。一緒で楽しかったもんねと思えるようになってださい。

もっと早病院へ連れて行っていたら。健康チェックをちゃんとしていたら。などと後悔しても、ハムは決して喜んではくれないでしょう。それよりも、楽しい日々をありがとうと言ってお別れするようにしましょう。そのほうが、ハムも幸せなはず。決して自分を責め過ぎないようにしてください。最後に、ハムの埋葬に悩んだときは、動物病院などでペット霊園を紹介してもらうことも可能です。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

北米のオオカミ撃退計画に反対する意見

モーワットの本がきっかけで北米のオオカミ撃退計画に反対する意見が強まり、一九七四年には北ミシガン地方にハイイロオオカミをふたたび増やそうとする試みが始まった。モーワットはジョージの妻、であるアンジェリ …

no image

犬の尻尾が表す様々な感情

犬の尻尾の伝える情報は色々ある。尻尾が両脚のあいだに巻き込まれている。怖い!あるいはいじめないで!これはとくに優位の犬や人間の前で示されることが多く、群れの中で劣位にあまんじます。あなたに逆らうことは …

no image

デカルトの仮説-動物に心はあるのか?

デカルトの目標は、動物は意識も知能ももたない、たんなる機械である、という仮説を証明してみせることにあった。彼はルイ一四世がそこで生まれ、居城としたサン・ジェルマン・アン・レー宮殿の庭にある等身犬の自動 …

no image

ニシキへビをペットとして飼うある人

「この子たちはわたしの赤ちゃんなんです」とウォルカーは、作家のスーザン・フェントンに語った。アメリカの裁判史上もっとも奇妙きてれつな監護権訴訟で、ミシガン州ノヴィ在住のリンダ・ウォルカーは、最愛のニシ …

no image

透聴能力の持ち主かもしれない動物

博士はケン、それに量子力学上の難題に関するアドバイスを求めている学生と一緒にオフィスにいた。部屋を横切ったことに気づきませんでした、と語るある人。そのときはじめて、シンバは透聴能力の持ち主かもしれない …