雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

博士号を取得しても給料は上がらないらしい

投稿日:2014年11月10日 更新日:

博士号を取るためには、何か新しい研究成果を出し、それを論文の形にまとめます。その論文が医学雑誌に載ると正式な研究結果の報告とみなされます。さらに、2~3人の教授の口頭試問を受けるのです。この試験官がどの教授に当たるかで、多少は運の善し悪しがあります。たいていは、ここまでたどり着けばもうパスしたも同然です。

あとは、これまでの研究活動の報告をしたり、いろいろな書類を書いたり、手間のかかる面倒なことはありますが、落とされる心配はありません。あなたの研究は今後の医療にどのように役立つと思いますか?この研究の意義は?など、物々しい雰囲気の質問をされますが。最後に文部省に博士という名で登録されます。人生の難関を突破できたのです。

病院の機関誌に、博士号を取得した者の名前が発表されます。このときは、ちょっぴり鼻高々。昔は子供の将来を期待するたとえとして、末は博士か大臣かといわれていました。つまり、博士は出世の代表だったのです。現代でも、そのイメージを抱いている人も多いようです。同じ部署で仕事をしているナースや受け付け嬢、理学療法士からも、先生、おめでとうございます!なんて、お祝いをいわれます。

実際には給料はまったく増えない

若い理学療法士の男性は、マジメな顔で、先生、こんなこと聞いていいですか。いくらぐらい給料って上がるんですか?と尋ねてきます。横にいたのナースも、それって、疑問だったんですよ。ほかの先生には聞けないんですけど、知りたかったんですと、興味津々。

しかし、実際にはお給料はまったく増えないようだ。最初はみんなも、ウソでしよ。あんまり上がるというと、ボクらにおごらされるから、そんなこといってるんですよね・・とまるでジョークだと思う。でも、昇給はないというのは本当のようだ。

せっかく取っても、食うことはできない。取らなくても、生命に支障はない。気にする人は気にするが、無識議な人は無視できるなどと述べられます。博士号のことを、医学界では足の裏にこびりついた米粒とたとえます。理由は取れると思うと取りたくなる。足の裏についた米粒は汚くて食べることはできません。そして、博士号もそれで生活費の足しにはならないようなのです。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

首が痛い時の治し方は?頭痛の場合は病気?病院は?

突然首が痛くなるときがあります。また、慢性的に首が痛い方もいらっしゃるでしょう。 首が痛くなる原因は筋肉痛や首のこりが考えられます。ずっと上を向いていると首が痛くなったりすることがあると思いますが、普 …

no image

医学部卒業後の進路をすぐに決めなくてすむようになった

研修制度の最大のメリットは、医学部を出てすぐに自分の進路を決めなくてすむようになったことだとされている。この研修制度が始まる前は、医学部を卒業した時点でどこかの医局に入らないといけなかった。要するに、 …

no image

診療放射線技師の仕事

診療放射線技師という職種のは、医者の指示でX線を使って人体各部の写真を撮影するの仕事をする人である。 診断医はx線写真やCT(コンピュータ)断層撮影などの各種の画像を読影して診断し、各科の医者に報告書 …

no image

赤ちゃんに生まれる前から大きな受難が

・生まれる前から赤ちゃんの大きな受難 1人目の子どもが待ちどおしい結婚2年目のSさん夫婦。いくら経過が順調でも、安心してはいられないのが出産である。妻は現在妊娠8カ月。経過はとても順調だった。夫はコン …

no image

これはいい!勤務環境充実の病院求人が見つかるサイト

職場の環境の良し悪しは、毎日仕事をする医師にとって非常に大事なことです。転職をする際、いくら給料の良い職場に入職できたとしても、職場の環境が悪ければ、すぐに嫌になってしまいます。 近年、女医さんの数が …