雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

博士号のメリット-医学博士でなければ教授の地位に昇る資格はない

投稿日:2014年11月29日 更新日:

医学博士でなければ、教授と名のつく地位に昇る資格はない。国公立、私立を問わず、大学で出世するためにはどうしても必要になる。だから大学に骨を埋める覚悟をした人間は、必ず博士号を取る。

医局で臨床研修を終えたら、一時休職して大学院に入内直すケースも多い。もちろん博士課程であり、大学院の二年間は医局という収入源を失って無給になる。だから、生活のためにアルバイトを続けながら研究することになる。

博士号の中で、医学博士の称号を持つ人が一番多いのをご存じだろうか。医学博士の看板を掲げた開業医は少なくないし、東大病院などは石を投げれば医学博士に当たるといわれているほどだ。

博士号というのは大学が授与するものであって、学会や文部省が出すものではない。つまり東大の博士号もあれば、慶応大の博士号、その他もろもろの大学の博士号がある。一流大だろうと三流犬だろうと、博士号は博士号である。博士が多いのは、博士号を取ることによって医者としての価値が上がるからだ。どこかの民間病院の院長に収まるにしろ、非常勤で働くにしろ、医学博士の称号は大きな看板になる。それがたとえ医学の歩みであっても。

肩書きに弱い日本人にこれ以上の効き目はない

名刺に刷り込んであるだけで、へぇ〜、医学博士でいらっしゃいますかと、肩書きに弱い日本人に、これ以上の効き目はないだろう。

医学博士に比べて法学博士や経済学博士の数は少ない。医科系より文化系の博士号を取るほうが難しいのは意外かもしれないが、医学の博士号はほかの分野よりも、ずっと取得しやすいのである。ではなぜ、医学博士の称号は取りやすいのか。

手っとり早いのは、新しい手術方法の研究だ。たとえば、事故などで破裂してしまった腸を取り去り、腸の無傷の部分をつなぎ合わせる新しい方法を、ちゃんと論文にまとめるだけで博士号が取れる。また、医学の歩みなどをまとめて論文にし、それで博士号を与えられた人もいるようだ。
基礎医学の人体組織学とか病理などは、地道な研究を続けてやっと取れるものであり、これは簡単ではない。しかしほか分野であれば押しなべて、簡単にテーマを決めて追求していけばよい。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

DICとは?癌のために起こることがある非常に危険な状態

・DIC 出血が全身に起こっているので、ガンのためにDICが起こると非常にヤバイ状態だ。胆裏のX線検査の一つにDICというのがあるので、その場合は医者から明日はDICですと言われても悲観することはない …

no image

看護師が意地悪をしたくなるとき-医療現場で起こる出来事

看護師の中には、オールドミスであることのひがみばかりが強い看護師もいるようだが、これが手に負えない。何で医者であるオレが、看護師にいちいち指示されなきゃならないんだなんて文句をいう人間がいる。看護師は …

no image

帝王切開の出産の状況をどうしても見たいと思ったある妊婦の話

Nさんの場合、1人目が4000グラムの男の子で帝王切開だったこともあり、2人目の手術は、もう2カ月も前から予定されていた。予定分晩とは、あらかじめ出産日を決め、陣痛促進剤を投与してその日に出産してしま …

no image

ダイエットできないなら断食をせよ

今、プチ断食なるものがよく言われていますが、断食をすると、体に色々なよい効果をもたらしてくれます。 断食をすると、免疫系と組織の再生をするためのプロセスに回すことができるようになります。体内の余剰物や …

no image

新薬治験とは?-医者がやけに勧める薬には注意が必要かも

新しい薬を医療現場で使えるようにするためには厚生労働省の承認を受けなければなりません。そのためにはまず検査に合格しなければならず、この検査を治験といいます。最近、新しい薬なんですが、使ってみましょうか …