雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

ハイチの独立は文明人に衝撃を与えた

投稿日:

一八〇四年にフランス支配からのハイチの独立は文明人に衝撃を与えた。彼らは解放のウイルスが自由な人間による最初の自由な国から広まるのを恐れた。率先してこの不届きな国を孤立させることにした。アメリカではその危険は特に深刻だったのだ。独立した罰として、ハイチは一八二五年にフランスに巨額の賠償金を払わされることになった。それは、フランスの支配を保証することになり、フランス随一の豊かな植民地だったハイチ社会は解放戦争で既にフランスに荒廃させられていたが、賠償金によって更に壊滅的な打撃を受けた。

一八六二年に締め付けは緩和されたが、それは解放奴隷の送り先が検討されていたからだった(同年、リベリアの独立が承認された)。七月四日にラファイエットに書き送ったところによると、ワシントンの目標は彼らを絶滅させ、国境を西方のミシシッピ川まで拡大することだった。抵抗に成功したハイチをフランスが罰した半世紀前の一七七九年、ジョージ・ワシントンは高度に発達したアメリカ先住民のイロコイ文明の征服に乗り出した。

先住民の間では町の破壊者として知られていた

先住民の間では町の破壊者として知られていたワシントンは、無事に任務を完遂した。当時、カナダの征服はイギリス軍によって阻止されていた。我々が受けた損害と被った負債及びこれまでの友好関係に鑑みて、諸君が我々に土地を譲渡し、それらの損害の修復や支払いを行うのは当然のことである。イロコイ族はそこで、解放者に対して不誠実な抵抗を試みたために賠償金を支払えと告げられた。これまたクリントンという名の当時のニューヨーク州知事は、敗北した部族にこう告げた。

本当に罪悪感にかられる。私が松明で火をつけた小屋は、我々破壊者がやってきて辺りを荒地に変えるまで、彼らの安住の地だったのだ。しかし、恐らく正当な理由があるのだろう。選択の余地なく、イロコイ族は領地を譲渡したが、その後に待ち受けていたのは、ニューヨーク州が厳粛な条約と連合規約の禁止令に逆らい、残りの領土の大半を脅迫と策略及び後稲な手口で取り持る仕打ちだった。若い米兵が、後に故郷へこう綴った。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

アメリカはならず者超大国になりつつあり外部からの最大の脅威!?

クリントン時代に、傑出した政治アナリストのサミュエル・ハンチントンはこう述べている。世界の多くの地域にとって、アメリカはならず者超大国になりつつあり、他国の社会に対する外部からの唯一最大の脅威と考えら …

no image

ジハードをアフガニスタンはどう考えているのか?

アメリカが敵と見なす人々に対して行うこのジハードと、イスラム・グループが敵と見なす人々に対して行うジハードとの間に、道徳的、政治的、法的な違いを私は見出せないアフガニスタン人はどう考えているのだろうか …

no image

FBI上層部のメンバーがキューバを訪れキューバ側の捜査当局と会談

一九八九年、誕生したばかりの初代ブッシュ政権から、ボッシュは大統領による特赦を受けた。これはジェブ・ブッシュブッシュ二世の弟と南フロリダのキューバ系アメリカ人の指導者たちが盛んにロビー活動を行い、司法 …

no image

国家安全保障覚書一八一号をケネディ大統領は発令した

八月二四日、ケネディ大統領は国家安全保障覚書一八一号を発令した。これは内部反乱の工作指令で、アメリカの軍事介入に先行し、重要な軍事計画と葬戦行動及び部隊と装備の移動が含まれており、間違いなくキューバと …

no image

力の基準は物理的よりも心理的なものであった

従来からの安全保障のディレンマにまつわる問題が核兵器の恐怖によって解決したわけではないが、両超大国は、イデオロギーの相違があったにもかかわらず、慎重に行動した。その慎重さは、19世紀の多極型のバランス …