雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

ハイチの独立は文明人に衝撃を与えた

投稿日:

一八〇四年にフランス支配からのハイチの独立は文明人に衝撃を与えた。彼らは解放のウイルスが自由な人間による最初の自由な国から広まるのを恐れた。率先してこの不届きな国を孤立させることにした。アメリカではその危険は特に深刻だったのだ。独立した罰として、ハイチは一八二五年にフランスに巨額の賠償金を払わされることになった。それは、フランスの支配を保証することになり、フランス随一の豊かな植民地だったハイチ社会は解放戦争で既にフランスに荒廃させられていたが、賠償金によって更に壊滅的な打撃を受けた。

一八六二年に締め付けは緩和されたが、それは解放奴隷の送り先が検討されていたからだった(同年、リベリアの独立が承認された)。七月四日にラファイエットに書き送ったところによると、ワシントンの目標は彼らを絶滅させ、国境を西方のミシシッピ川まで拡大することだった。抵抗に成功したハイチをフランスが罰した半世紀前の一七七九年、ジョージ・ワシントンは高度に発達したアメリカ先住民のイロコイ文明の征服に乗り出した。

先住民の間では町の破壊者として知られていた

先住民の間では町の破壊者として知られていたワシントンは、無事に任務を完遂した。当時、カナダの征服はイギリス軍によって阻止されていた。我々が受けた損害と被った負債及びこれまでの友好関係に鑑みて、諸君が我々に土地を譲渡し、それらの損害の修復や支払いを行うのは当然のことである。イロコイ族はそこで、解放者に対して不誠実な抵抗を試みたために賠償金を支払えと告げられた。これまたクリントンという名の当時のニューヨーク州知事は、敗北した部族にこう告げた。

本当に罪悪感にかられる。私が松明で火をつけた小屋は、我々破壊者がやってきて辺りを荒地に変えるまで、彼らの安住の地だったのだ。しかし、恐らく正当な理由があるのだろう。選択の余地なく、イロコイ族は領地を譲渡したが、その後に待ち受けていたのは、ニューヨーク州が厳粛な条約と連合規約の禁止令に逆らい、残りの領土の大半を脅迫と策略及び後稲な手口で取り持る仕打ちだった。若い米兵が、後に故郷へこう綴った。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

大量破壊兵器の発見に向けた必死の努力が不毛に終わってからも

プロパガンダの効果は戦争終結後も続いた。大量破壊兵器の発見に向けた必死の努力が不毛に終わってからも、国民の三分の一は米軍がそれ発見したと信じており、二〇%以上はイラクが戦争中に大量破壊兵器を使用したと …

no image

アフガニスタン攻撃が自分の言う条件を満たしているとする主張

アフガニスタンに関するエルシュタインの主張が、彼女自身の議論の枠組みの中できちんと通るかどうか検討してみよう。エルシュタインは正義の戦争に四つの基準を設けている。ここで彼女が挙げる唯一の例は、大量殺響 …

no image

クウェートの石油生産と投資からの利益に大きく依存していたイギリス

ナセルは非同盟運動を支えた人物であり、彼の影響力は他国にも及び、独立の機運を促すのではないかと恐れられた。中東では悪漢はナセルであり、狼狙した米英の指導者からは新しいヒトラーと呼ばれていた。こうした不 …

no image

タリバン、アルカイダなどを戦略的に弱体化させる鍵

テロリストの脅威を緩和したいと考える人々の間では、アルカイダやそれに関係する集団を生んだ社会的、政治的、経済的状況に対処しない限り、アメリカと西欧の同盟国も他のいずれの国も、イスラム教テロリストの標的 …

no image

駐英イスラエル大使暗殺未遂事件に飛びついた

一九八二年のレバノン侵攻とその直接の結果として二万人ほどの死者が出た。我々に責任がある犯罪は調査する必要がないから、まして処罰や賠償の対象にはならないという理由からであるが、この話題は欧米社会ではほと …