雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

排水管と壁とのわずかなスペースを利用して収納

投稿日:

・排水管と壁とのわずかなスペースを利用して収納

段ボールや木の板を、トイレットペーパーの直径より少し長いくらいの正方形に切って、中心に包装紙を巻いてあった長い紙筒をくっつける。これを配管脇のスペースに立てて、上からトイレットペーパーを通す。トイレの中に排水管が通っているなら、排水管と壁とのわずかなスペースを利用して、トイレットペーパーを収納できる。もちろん、これだけでは味気ないので、目隠しカバーも作ろう。

紙筒と同じ長さに切った段ボールをコの字形に曲げて、覆いにする。これにも、包装紙や布などを貼って、かわいらしく仕上げ、取っ手がわりになるように、リボンやコサージュなどをつけておくといい。さらに、上からかぶせられるフタも同じ素材で作っておけば、ホコリよけにもなる。配管脇のスキマもこう活用していこう。意外とこれだけでもしっかりと収納できるはずだ。

頭上にいろいろなものを置くのは避けたほうがいい

・トイレの収納は腰から下の高さに

いくら軽いものだからといっても、やはり、頭上にいろいろなものを置くのは避けたほうがいい。安全に、しかも使いやすく収納するなら、腰から下の高さくらいの、低い手洗いカウンター(洗面台)がいい。トイレットペーパーやお掃除シートは、できるだけ見えないように、つっぱりラックなどを使って、天井近くに収納しているかもしれない。

とくに、小さい子どもや高齢者の場合は、上のものを取ろうとして伸びあがったり、狭いスペースで踏み台などを使って出し入れしていると、危険を伴うケースもある。手洗いカウンターは、手洗いボウルの下に作りつけた収納棚。奥行き25センチほどあれば作れるので、新築やリフォームのときには取り入れたいアイデアだ。掃除用品も見えないように棚の中にしまい込み、ペーパーは楽に手が届くところへ収納しておく。カウンターの上には、芳香剤や花などの小物を置いて、雰囲気作りに役立ててみてもよい。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

栓抜きのいびつな穴にクロスを引っ掛けてみた

栓抜きのいびつな穴にクロスを引っ掛けてみた。キッチンクロスには、フックに掛けるためのひもがちゃんと縫いつけられているものだけど台所では、あらあら大変!というアクシデントが多い。さっと取って拭き取ったり …

no image

あなたが自分に合った物とのつき合い方を知るためのポイント

人の暮らしは、年齢を重ねるとともに変化していくものです。たとえば、青年期には経済力も知識も乏しいけれど、健康や体力には不安がありません。家庭をもつ壮年期には、経済力、気力、体力、知識ともに充実。中高年 …

no image

効果的な絨毯のダニ退治方法

・じゅうたんのダニ対策 じゅうたんの場合は、梅雨時と夏のあいだにダニが繁殖してしまうなんて恐ろしいことも考えられる。冬はじゅうたん、夏はゴザ、と使い分けている家庭では、シーズンオフになって敷物を押し入 …

no image

ポリ容器をガーデニンググッズに変身させる方法

・ポリ容器をガーデニンググッズに ポリ容器は大きいうえに、取っ手がついているので、工夫すればなにかと便利に使える。サラダ油などが入ったポリエチレンの容器。たとえば、中をよく洗って乾かしてから底のほうを …

no image

スポーツ用品は出しっぱなしでもOK

せいぜい年に数回しか出かけない夫のゴルフクラブセットや、シーズン中に2回も使えば上出来といえるスキーの板。邪魔になるものの絶対に捨てられなくて困るものの代表が、趣味のスポーツ用具かもしれない。上手に収 …