雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

ハイキングなどで持っていく子供のおやつに関する注意点

投稿日:

赤ちゃんにお薦めの食品は、全粒粉クラッカーの加糖していないシリアルレーズンなどのドライフルーツ・果物、自家製板ヨーグルト低脂肪チーズ。どんなときも、ティッシュ同様忘れてはならないのがおやつ。離乳食が食べられるようになったら、フリーズドライ食品を試してみるとよい。本当に空腹なのか、単に退屈しているけなのか、いずれにしても絶対に食べたいと一度思い込んだら理由などどうでもよくなるのだ。

ハイキングのときでも、手元に何かあれば、それで子ども達は静かになるし、気も紛れる。今しっかり食事をしたばかりだからお腹がすくはずないと思っても、また、ほんのそこまで散歩するだけでも、おやっと飲み物は必ず持っていくこと。欲しいときにないと言われると、そのことで頭がいっばいになるようで、いかに空腹か延々と聞かされるハメになる。子どもが小さいうちは、駄菓子などなければないですんでしまうが、少し大きくなるとそうはいかない。

体によい駄菓子を持っていく

譲歩して、体によい駄菓子を持っていく。チップス類など、子どもに食べさせるつもりのないおやつを子どもの前で食べたりしないこと。大人だから許されるという考えは子どもにはないし、だいいち、これは拷問に等しい。甘いものは、多すぎず少なすぎずを心がけよう。糖分によるエネルギーの急上昇・急下降現象を子どもに説明する。きちんと説明されれば、幼い子でもききわけよく協力してくれる。

そうすればスポーツに見合った質・量の食品を、気をつけて摂取することに彼らも異議を唱えないはずだ。チョコレートコーテイングしたグラノラバーなどは伝家の宝刀としてとっておく。子どもの昼寝中にこっそり食べるとか、見つかったら観念して食べさせてあげるとか、そういう配慮が必要だ。大物はとっておくと、疲れもたまってきたころのもうひと歩きや、雪原のトラバース等、条件の厳しい場所で力強い味方になってくれる。スーパーで買える健康食を朝食のバラエティに加えてみよう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

山のトイレ、ゴミと自然保護の問題

・山のトイレ、ゴミと自然保護 人間は自分自身が楽しむため、心を癒すために山・自然を利用します。それがほどほどであればよかったのですが、度を越したために問題になってきました。ゴミのポイ捨てをやめたり、む …

no image

一人登山があまりおすすめできない理由

一人で登ることを単独行と言いますが、このように単独行には素晴らしさと危険が同時に存在しています。しかし、この危険を独力で克服した時の快感は素晴らしく、より困難を求めて単独行をする登山家もたくさんいます …

no image

登山用小物で必需品となるもの

・小物類(必需品) 地図(マップケース)、コンパス、へッドランプ、水筒、救急用品などがあります。救急用品は必要最小限ということで、ケガなどの応急処置に使用する消毒液、テーピングテープ、さらに鎮痛剤、解 …

no image

妊娠中のアウトドア-初めて行った4日間のバックパッキング

初めての妊娠中に行った4日間のバックパッキングでは、気力充実、お腹もまだ小さくて、ウェストべルトを難なくしめることができる状態だった、とある女性登山家。妊娠がわかってからもハイキングは続けていたので、 …

no image

登山用ザックはサイズ選びに注意しましょう

・ザック 大きさから背負やすさ、使いやすさ、そして機能面にいたるまで十分玲味して選ぶ必要があります。山での生活用品をすべてこの中に入れて持ち運ぶことになります。大きさですが、一般的に日帰りでは二〇リッ …