雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

ハイキングに行く際の子供の服はどんなものがいいか?

投稿日:

子供がハイキングに行く際に着せる服は、どんなものがいいか。寒い季節には、何をおいても必要なのは新素材のタートルネックだ。最近のフリース人気でデパートでも類似品が買えるが、アウトドアメーカー製のほうが、かゆいところに手が届くデザインになっている。上着はフードつきだと防寒性アップ。シャツが寒色系なら、多少暑くても袖をまくって着ればよい。長袖長ズボンの下着は、薄手・普通・極寒地用とそろっている。

気温の低下に応じて重ね着をする。胴の保温に最適で、とくに寒い夜には冷気で胸がやられないためにも必要だ。袖口は折り返せばいいし、丈が多少長いくらいなら、屈んだときに背中が露出しない。上に重ねるものは、大きめのサイズを購入すること。冬に向かって気温が下がるにつれ、パンツや下着の厚さを調節して重ねる。もっと寒くなると、ウールよりも軽くて暖かく、透湿性に優れたフリース素材の上着やパンツに替える。暑い季節には、防水加工ナイロンの短パンがよい。

靴下を4~5足用意し1足は就寝時にのみ

虫刺されが心配な人は木綿のパンツを持参するのもいいが、夜がめっきり冷え込む高所では、夏といえども木綿を過信しないこと。洗い縮みした大人用ウールセーターも、けっこう子どもにびったりサイズだったりする。アウトドア用の靴下も、専門店かカタログで、新素材にウールやナイロンを混紡したものを手に入れよう。1週間の予定なら厚手の靴下を4~5足用意し、1足は就寝時にのみ使用する。

ややこしければ、その1足をシュラフに突っ込んでおいてもよい。レインギアをすでに持っている子にも、ウインドプレーカーは必要だ。木綿の裏地がついたものは避け、頭からかぶれるタイプで上質ナイロンのものを探す。重ね着の上に着ることが多いので、大きめのサイズを。ウールの手袋は見つからなくてもあきらめずに探そう。季節を問わず、帽子は非常に重要だ。出かけるときは忘れずに。帽子は外では重宝するものだ。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

箕面を散策してみる

箕面は一時期、観光用に餌付けされ、さらに観光客が食べ物を与えたり捨てたりしたためにサルたちは人ずれして、人間を襲うことで知られるようになった。しかしサルを自然に返す実験ですとの看板の通り、現在ではサル …

no image

子供との遊びに付き合う場合のプラン

子供とアウトドアに出かけたら、子どもに必要なこと、子どもがしたいことに配慮して行動内容を決める。蒸し暑い夏の日にはサイクリングなんかもいい。いくら前から楽しみにしていた計画でも、猛暑の中、陽射しがジリ …

no image

キャンプにはランタンがおすすめ

夜のキャンプには、ぜひとも欲しいものがランタン。ランタンは、キャンプの色々な場面で役に立つアイテムである。さまざまなタイプのものがでてるが、ストーブとの燃料統一ができるものを選びたい。ただし、必要以上 …

no image

5歳くらいになればデイパックに荷物を入れて持たせよう

5歳くらいになれば、デイパックに荷物を入れて持たせよう。子ども本人も役割を担っているような気がするし、スタミナもつく。普段から一緒にハイキングしていれば、子どもの限界はおのずとわかる。こんな目安に頼る …

no image

障害者の子供にアウトドアは自信と独立心を与えてくれる

あるハンディのある子供を持つ家族の話。自信と独立心をアウトドアは与えてくれる。アウトドアのおかげで、カートの人生体験はカラフルになった。メキシコ湾では野生のイルカを間近に見、へラジカやビーバーを森で見 …