雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

ハイキングブーツをおすすめしたい理由

投稿日:

デイハイク程度なら、ハイカットのスニーカーでもできないことはないが、やはりハイキング用にデザインされたブーツにはかなわない。ハイキングブーツなら学校にも履いていけてお買い得だ。靴底は滑りやすい地面に対応できないし、スチールのシャンクも入っていない。ハイキングブーツほど長保ちしないわりに値段だけは高くて、履き心地もよくない。

ほとんどはアッパーが革と布で軽量、靴底が安定していて、足首もしっかりサポートしてくれる。一般的に、値段の高い靴ほどホールド性がよい。これは、手ぶらを卒業した子には絶対必要な機能だ。靴底も厚くて衝撃吸収性が高い。子ども用のハイキングブーツも、最近では質のよいものが多数そろっている。1歳児用なんてのもあるくらいだ。履き慣れる前に小さくなったら、値段的にあきらめがつかない。靴は装備のなかでも最重要アイテムだ。専門店で、知識や経験が豊富なスタッフに相談しながら選ぶ。

現在のニーズに焦点を絞って靴を選ぼう

子どもは成長が早いので、現在のニーズに焦点を絞って靴を選ぼう。完全防水の高価な革製ブーツには手を出さないほうがよい。もっとも、山歩きに夢中でもないかぎり、特別に高価なものは必要ない。山でもせいぜい短時間のデイハイクにしか使用するべきではない。靴ひもを締めて、かかとに親指1本入るくらいの余裕があること。あるいは、靴を履いてから爪先で床をたたいて、かかとに指1?2本のすき間ができれば、理想のサイズだ。

ウール/化繊混紡か、化繊100%の厚手ソックスとライナーを重ねてから靴を試し履きする。木綿のソックスはダメ。トレイルでの安全お互いある程度の距離を保って歩くよう、子ども達に教える。ほかの人にべったりくっついて歩かない、リードは交代しながら、そして走って追い越さないなどを、小さいころから教えておこう。小さい頃から教えておけば、大きくなってから役に立つことは多いのだ。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

花も恥じらう乙女たちの無知が原因で起こった低体温症

以前、ティーンの女の子グループを引率してバックパッキングしたことがあった、とある人。彼女達は皆、山ではしないと、悲槍な決意で臨んでいる。ある夜私は懐中電灯をつかみ、全員についてくるよう命じた。何日も我 …

no image

山小屋の使い方や地形図の使い方など

・山小屋の使い方 場所によっては素泊まりだけで食事は自分で準備してもいいところもあります。しかし便利だからといって何でも自由にできるわけではありません。テント泊などに比べると、朝晩の食事のことから泊る …

no image

子供は遊び方がまだ分からないので教えてあげよう

アウトドアでは、子ども達のやりかたやルールの中での役割を演じたり、子どもの手にあまる状況では中に入って判断を下す手伝いをするなど、大人も参加しよう。大きくなるにつれ技術もアップするが、それに合わせてテ …

no image

布オムツのキャンプなどの際の洗い方や保管方法

キャンプに行った際の、赤ちゃんの布オムツの対策では、バックカントリーに入ったら、おむつは尿と便のを分けて、各々の汚物袋に保管する。夕方キャンプ設営後、1日分のおむつをすすぐ。便おむつ用袋は2枚重ねに。 …

no image

初めての幼児とのスキー

ある人は、娘が生後6カ月のころから4歳になるまで、そりを引いてスキーをした。三連休などにバンガローを借りて、そこをべースにデイトリップに出かける。これが彼らの十八番スタイルだった。娘はそりが大のお気に …