雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

ハイキングでの貢献度ではバックキャリアの右に出るものはない

投稿日:

ハイキングでの貢献度では、バックキャリアの右に出るものはない。背負う人も背負われる子も快適さが最優先。値段は二の次だ。前掛け式でも背負って使えるものもあるが、本気で子連れアウトドアをするなら、バックキャリアに投資して損はない。バックキャリア頑丈さ、大きさ、品質で、一番のものを購入しよう。娘の体重が増えて負担が大きくなると、お尻の下を手で支えて浮かすように抱けば多少は楽になる。

けれどこの方法にもすぐ限界が来るから、そのときはバックキャリアに変えよう。あれこれ視界が変わるとご機嫌がいい娘に最適だ。ただし、お昼寝には向いてないうえに、うっかり転倒でもすれば一番危険なタイプ。最初からべストを選ばう。娘が4カ月のときに使ったキャリアは、フレームの間隔が狭すぎて失敗だった。荷が重かったり、急登で体を曲げると、肩甲骨に食い込んでしまい痛い。いつでも機嫌よくキャリアに入ってくれるとは限らず、陽気な歌を唄って気をそらせ、そのすきに入れるなど工夫が必要だった、とある母親。ふだんでもぐずりだしたらキャリアに入れて散歩に行く。そうすると必ず静かになった。

その後は彼女もハッピーだ

使用に際して、まず娘の首が座っていること。でなければパッドか何かのサポートが必要だ。娘が気づいたときにはもうキャリアのなか。ハイキングは始まっていたのだからその後は彼女もハッピーだ。こんなに親の近くにいられて、しかもその振動も気持ちいいから、娘はキャリアが大好きだ。けれど立ち止まってリズムがなくなると目が覚めてしまい、どっと不機嫌になりかねない。

芝刈りや庭いじり、料理中もこのキャリアは大活躍で、これがない生活は考えられない。娘は2人とも、娘のころかんの虫持ちで彼がバックキャリアに入れて何時間も街を歩き回った。こうすればいつか眠気が訪れて静かになり、その間母親も息抜きができた。娘が自分で目を覚ますまで、ハイキングを続けるのがべストだ。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

水辺の野生動物ウォッチングに適したスポーツはカヌー

水辺の野生動物ウォッチングに適したスポーツはカヌー。 2歳のマイク・バーラ少年にとって、アイダホのスネーク・リバーは忘れられない体験だった。水中に見た巨大なマス、水辺でくつろぐバッファロー達。ハイキン …

no image

登山の行動計画の立て方

・行動計画の立て方 登山計画は初期段階から経験のあるリーダーの下で計画計画を立てるための要素として、目的=気の合った同士で気ままに行きたいか、レべルアップを日指すか。山域=〇〇〇~一〇〇〇メートル程度 …

no image

デジカメのデータをパソコンに保存する

デジカメで撮った画像をパソコンに画像データを保存する方法がある。デジタルの欠点で、せっかくの思い出もすべて一瞬にして消え去ってしまう。これを防ぐためには、一つのハードディスクの内部を二分割し、同じもの …

no image

秋の登山では雨や雪が降ることを想定する

秋の時期の登山は最初から雪にあうことを想定しておく必要があります。アイゼンを持っていけば安心ですが、アイゼンが必要な時は登らないという選択もあります。雨が降ることもありますから防風衣がわりの雨具とスパ …

no image

テントの主流は何か?病気などしないように常に乾燥させる

アウトドア用品は、絶対に衝動買いしてはいけない。長く使え、壊れにくく、コストパフォーマンスのよいものをじっくり選びたい。これは安い!ということで、衝動的に安物を購入するのは、危険な場合もある。ショップ …