雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

はい、いいえが明確に答えられるか

投稿日:

「はい」と「いいえ」を言うのは、「わたくし」と同じように一見簡単なようで難しいものです。自分の可能性に対する洞察力、意見を率直に述べる勇気、充分な研究、確信などの高度の人間としての裏づけがないと、いつも口に出すことはできないものです。

ひとりのアメリカ人に質問しました。「テレビでも映画でも、アメリカでは戦争ものが流行しているが、これは東西の緊張が緩和されたのに依然として、戦争への危機感があるからなのか」アメリカ人は次のように答えました。

イエスとノーを常に明確にすること

「日本の経営者は、話にきくと、昔のサムライ(徳川家康のこと)の伝記を読んで、経営術を学ぼうとしているとのことだが、それと同じように、戦争ものがアメリカの経営者に人気があるのだ。どの点かと言えば、戦争はいかなる場所にあっても生命そのものの危機に常に直面している。適確な状況判断をして、どれにイエスの答えを出し、どれをノーと拒否するか、その決断に人気があるのだ。アメリカの企業は世界の経済を左右し、一方ではそれと闘っている。その競争は今後世界各国の生産性向上と共にますます背酷になる。主人公ないしグループが重大なピンチに陥った時、主人公やリーダーが、どのような決断をくだすか。最も必要なのは、イエスとノーを常に明確にすることなのである」

できないとわかっていながら、一応できるように言ってみないと、自分の地位が低かったり、交際範囲が狭かったり、金がないように見られて肩身が狭く感ずるのは、まったく人生の無駄遣いです。人にものを頼む、「まあ何とかやれるだけはやってみますが、どうも」と答える、結果としてできるのかできないのか、はっきりしない、あるいは、はじめははっきりしない時もあるが、たとえ途中でも、できないならできないとはっきり言う、このことのほうが、相互の信頼関係を保つ上にも大切なのです。「わたくし」は自身のために、「はい」「いいえ」は相互関係のために、まずこの三つが正しく行われなければなりません。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

人間性を重視する話力

人間性を重視する話力とは何でしょうか? 話を聴いている人は、話している人をモデルと考えがちですが、それは間違いです。ことばでいうほど簡単に実行できないものです。だからむずかしいということになるのでしょ …

no image

ハッタリを見抜く具体的な方法

ハッタリを言わなければならないのは、その底に人と人との関係がつながっている場合が多いものです。何かをたのまれる、瞬間、彼は過去の似た事実を思い出す、過去とは、昨日であったかも知れないし、何年も前だった …

no image

社会的容認と実用性

人はそれを恐れて苦労しています。だから、多くの人は他人が自分をどう見ているかということが、たいへん気になるものです。フランスの社会学者でデュルケームという人が「昼間自殺者が多いという現象がある。という …

no image

構成力を鍛える、身につけるためのコツ

構成力を身につけるコツは、自分の感じたことや考えなど、思いついたことをノートに書きとめておく習慣をつけること、他人の話し方のプラス面をどんどん吸収し自分を鍛えていくことです。構成力を身につけるためには …

no image

自分の第一印象は相手にどう映っているのか?

あなたは自分の印象が他人にプラスに作用している時、つまり、明るい人、朗らかな人、清潔な人、清純な人、賢そうな人、勇気や決断力に富んでいそうな人、育ちのよさを感じさせる人、円満そうな人、その他相手によい …