雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

ハーシュネスと振動

投稿日:2015年6月29日 更新日:

ハーシネスは道路の継ぎ目のような小さな突起や、小さな段差を通過したときに感じる「ストン」という音を伴ったショック軽い突き上げの感じのことで、別名「継ぎ目拾い」とか「継ぎ目ショック」あるいは「目地ショック」などともよばれています。

振動は感じなければいいわけですから、絶対評価がしやすい項目です。不快な振動がなければ自信をもって合格です。

日本の道路も、ほとんどが舗装され長い砂利道もなくなって、道路の凹凸というとコンクリート舗装路の継ぎ目や、橋や高架道路の継ぎ目ということになりました。今日では、ハーシネスは乗り心地改善のための目玉であるといってもいいでしょう。

NVHはどれも乗り心地より高い周波数を相手にしていますが、ハーシネスは道路の凹凸を相手にしているわけですから、NやVに比べるとだいぶ低い振動を相手にしていて、乗り心地の領域に近く、最近はハーシネスは乗り心地の代表特性のような見方もされています。

車の買取査定を上げる色々なポイント

ハーシネスが重視されるようになったのも

このようにハーシネスが以前より重視されるようになったのも、乗用車用のタイヤのほとんどが、クロス・バイアス・プライ・タイヤ(バイアス・タイヤ)からラジアル・プライ・タイヤ(ラジアル・タイヤ)に変わって、それとともにタイヤのエンべロープ特性(小さな凹凸をトレッド・ゴムで包み込みショック を和らげる特性)が悪化したことも一因といえるように思います。

ラジアル・タイヤはスチール・ワイヤ製のタガが高速走行時の遠心力によるタイヤ径の増大を防ぎ、空気圧が少々変わっても、タイヤの実質有効径(タイヤの径を直接測るのではなく、荷重をかけて転がしたときの距離から逆算して出した径)はあまり変わりません。

ラジアル・タイヤは、ラジアル方向に張りめぐらされたカーカスの外側にスチール・ワイヤ製のべルトがあたかも桶にかけられたタガのように巻き付けられた構造になっています。斜めすだれ構造のバイアス・タイヤとは構造上の違いがあって、これが性能上の差ともなっています。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

ホンダザッツの評価-発売直後から売れ行きが低迷

ホンダザッツは、発売直後から売れ行きが低迷し、生産コストの回収ができていないため、しばらく販売を続けていた。コストの帳尻合わせのために造っていたようだ。 ライフがフルモデルチェンジされて新型に切り替わ …

no image

純正品でないホイールはバランスの調整をしよう

じつは、タイヤは地面に対してまっすぐについているのではなく、決まった方向に微妙に角度がつけられている。ホイールの中心がずれてしまったためにホイールバランスが崩れてしまうこともある。 これがアライメント …

no image

トヨタ・ファンカーゴが人気があったわけ

トヨタファンカーゴは、登場するや大人気となり、あっという間にヴィッツやプラッツを追い抜いて、新車登録トップの座を占めた。トヨタファンカーゴは、全長3860m、全幅1660m、全高1680m、ホイールベ …

no image

車のアフターサービスが期待できない販売店の例

自分の都合だけを考えるような店ならアフターサービスも期待できない。さっさと引きあげよう。中古車を買いにいった販売店で、営業マンが、あるー台の車にだけこだわり、そのよさばかりをあまりに強調してくるような …

no image

セルシオにスポーツ性を求めるのは無理がある

若い走り屋が乗っているセルシオ。5、6年落ちのモデルを購入し、サスペンションを固め、車高を落として走っているのを見かけますが、本人の思いはともあれ、大金をかけたからといって、それだけで走行性能が上がる …