雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

ハーフタックスプラン養老保険が関心を集めている理由

投稿日:

中退共への移行について、踏躍するのは、中小企業の社長ばかりではありません。従来から中退共に加入していた中小企業の中には、解約を検討しているケースもあると聞きます(解約した場合は一時所得となります)。

中退共の予定利率は、2003年(平成15年)4月以降、従来の3.0%から1.0%に引き下げられています。他の制度に比べて貯蓄性が有利だったのですが、今回の引き下げで予定利率だけを見れば、他生保に比べた優位性も低くなったといえるでしよう。

中退共の制度のメリットを十分に検討し、継続を勧めるのが第一義です。中退共の制度のメリットはたくさんあります。中退共の制度のメリットを、もっとたくさん知るといいでしょう。中退共と他制度(1/2TAX養老保険など)との併用も含め、当該企業にもっとも適した退職金制度についてアドバイスすることが重要です。

退職金に対応する現金を別枠管理している中小企業は少ないため、退職金の支払い時に資金不足を生じてしまう可能性もあります。そこで、社外で積み立てすることから事務処理が簡単で、やはり節税効果もある1/2TAX養老保険への関心が高まっている。

1/2TAX養老保険が関心を集めている理由は

1/2TAX養老保険が関心を集めている理由は、2002年度(平成14年度)税制改正で退職給与引当金制度廃止が打ち出されたことです。すでに、1998年度(平成10年度)より6年かけて、退職給与引当金制度の累積限度額が当期末退職給与要支給額の40%から20%(2003年(平成15年))に縮減されることになっていましたが、さらに2003年の20%から段階的に引当金を取り崩していくことになります。中小企業および協同組合では10年間となります。

会社の繁栄には、優秀な従業員の採用と定着率を高める企業努力が不可欠です。従業員の退職金・弓慰金制度を担うためには、様々な制度があります。日本版401kの導入を機に、1/2TAX養老保険の優位性・簡便性が再度見直されています。

法人契約で養老保険に加入した場合、満期保険金があることから支払った保険料は全額資産に計上するのが原則です。しかし、1/2TAX養老保険は、一定の要件を充足し、従業員の福利厚生制度の一部を担うと判断された場合、“特例”として支払保険料の半分を「福利厚生費」として損金算入することが認められています。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

保険の貯蓄性は電卓や暗算などで簡単に計算できる

表面の数字に惑わされないように注意しましょう。生命保険の金利は予定利率のことと勘違いする人もいますが、実質利率で考えましょう。これは、保険料の中に人件費や広告宣伝費をはじめとする会社の経費(付加保険料 …

no image

医者に生命保険をおすすめする場合

医者に生命保険をおすすめする場合について。 医院・病院を訪問した際に、「院長先生」「若先生」、「〇男先生」「〇子先生」、というようにお医者さんが呼ばれているのを耳にすることがあります。親子、夫婦、兄弟 …

no image

現代の長寿社会問題とそれへの対応が大きな課題

諸機関で予測されているように、わが国の六十歳以上の老齢人口は二〇〇五年には全人口の二割をこえるとされていて、いわゆる長寿社会の到来とそれへの対応が大きな課題となっていました。我々日本人の平均寿命がどん …

no image

保険のシステムをお客が理解できていないという課題

保険業界においては、分割払いの仕組みといった、お客様がシステムを理解するための基本的な情報さえも提供されていません。保険に限らず、どんな商品も相応の料金設定がされているはず。損得で言えば、売る側が損を …

no image

50代の保険の見直し時期はいつが理想的なのか?

40代には終身保険の増額で老後の生活資金準備をしましたが、50代になると終身の保障は現在あるものだけで十分というケースも多いと思います。このような場合は老後の生活の備えのために、個人年金保険や養老保険 …