雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

ハーフタックス養老保険は人気

投稿日:

ハーフタックス養老保険をご存知でしょうか?1/2TAX(ハーフタックス)養老保険は、関心を詰めているようです。ハーフタックス養老保険が関心を集めている主な理由は2つ挙げられます。

日本版401k(DC:確定拠出型企業年金)の導入と退職給与引当金制度の廃止です。企業年金制度の改革に伴い、適格退職年金は、2012年(平成24年)3月までに規約型企業年金、確定拠出年金、中小企業退職金共済(中退共)のいずれかに移行させなければなりません。

「ハーフタックス養老保険?バブルの頃の話法じゃない。の、このご時世に無理だよ」と一蹴されてしまいそうです。ところが、このバブル経済の頃にさかんに販売されていた。『1/2TAX養老保険』の販売量が、昨今再び増加傾向にある。

後継者に事業承継する際の退職金の一部として活用することが可能です。保険料の税務処理は、定期型は定期保険、終身型は終身保険に準じます。解約返戻金の多い医療保険とともに、退職金の一部として活用することはもちろん可能です。医療保障を個人で付保した場合と法人で付保した場合で、おのおのに期待する機能を明確にさえしておけばよいです。

規約型企業年金への以降は、将来的にも積立不足が発生する可能性があること、事務処理が煩雑かつ手数料が割高になる可能性が高いことなどから、移行を望む中小企業経営者は少なくないようです。

適格退職年金を解約する人も

中小企業経営者の中には、移行時の事務処理が煩雑である、制度が自社事情にマッチしないなどの理由でいずれの制度にも移行させず、適格退職年金を解約する人もいます。そして新たに事務処理が簡単で節税効果のある1/2TAX養老保険に加入を検討する例が多い。

中退共は、○掛金が全額損金算入できる、新規加入から24カ月は掛金の3分の1、増額から12カ月は増額分の3分の1を国が補助する、中退共制度の導入以前から勤務する従業員の過去勤務分については別枠で積立が可能などの理由で採用する中小企業が多くあります。

不祥事を起こした従業員であっても中退共の解約返戻金は直接退職した従業員に支払われることや、契約者貸付ができないため資金繰りの厳しいときには苦しい、などの理由で厳しい制度とも映るようです。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

かんぽ保険の新たな収益狙いとその特徴

郵政民営化で、かんぼにも民間並みのリスクがあります。簡保も長くつきあう生命保険の1つ。私たち自身が先々の変化を見据えつつ、柔軟な対応ができるようにしておくことが大切です。 保険金額には上限があるものの …

no image

保険会社が更新型をすすめる理由はビジネスのため!?

定期付き終身保険には2種類あり、更新型のほかに全期型という種類があります。更新型は10年、15年という単位で保険段階的にアップしていくもので、全期型は保険期間全体を通じて、一律の保料を支払っていくタイ …

no image

かんぽ生命の保険料や利用する際の注意

簡易保険の大まかな特徴と、利用する際の注意についてみてみましょう。 簡易保険の特徴として保険の種類が限られているということがあります。お金が貯まるといわれて加入したのに、満期にいくらも貯まっていなかっ …

no image

医療費が最大いくらかかるのかを知っておくと安心

自営業者が多く加入する国民健康保険(国保)は、保険証に名前のある人全員の所得を合算するため、仕事上で大きな利益が出ていなくとも上位所得者に該当する可能性が高くなります。国保加入の方は役所(国民健康保険 …

no image

生命保険の大手だからといって信頼しきるのは危険

保険会社の見分け方、生命保険会社の優劣を見分けようとするとき、あなたは何を基準に考えているのだろうか。圧倒的大多数の人々は、今まで、その会社の規模が大きいかどうか、名前が知られている有名会社かどうかを …