雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

グリズリーのオスはメスのわき腹に鼻をすりつけ

投稿日:

生物学者のラーズ・ウィルソンは、求愛中のビーバーのペアについてこんなことを書いている。「昼間は丸めたからだをぴったりくっつけて眠り、夜になると一定の間隔で相手をさがしてはたがいに毛づくろいをするか、よりそうようにしてただすわっているか、人間の親密さと愛情表現以外のなにものでもないような特別な声を出してしばらく会話を弾ませている」。

数多くの生きものー蝶からサイにいたるまで間の恋愛でも顕著な特徴のひとつである。キリンもゴキブリも愛情表現を持つ求愛する動物のほとんどが、恋に落ちた人が見せるいちばん魅力的な一面、つまりやさしさを見せる。

グリズリーのオスはメスのわき腹に鼻をすりつけ、耳をくんくんと嗅ぎ、受け入れてほしいといわんばかりにくーんと鳴く。キリンのオスは、頭をメスの首と胴になすりつける。トラのメスは交配相手をくわえ、その首と顔を甘噛みしながらからだを相手になすりつける。

犬たちの隠された生活のなかで

エリザベス・マーシャル・トーマスは、革新的な著書犬たちの隠された生活のなかで、犬もたがいに熱い恋心を燃やすと主張している。彼女がその結論に達したのは、ハンサムなシベリアンハスキー犬のミーシャを、娘の飼い犬で、同じくシベリアンハスキーの若く美しい犬マリアと引き合わせたときだった。トーマスはミーシャの飼い主がヨーロッパ旅行に出かけているあいだ、その犬を預かることに同意していた。

コウモリは翼のビロードのような膜でたがいのからだをなでる。下等動物のゴキブリのオスですら、パートナーの触角を自分の触角でなでるくらいだ。ネズミイルカのペアはたがいのからだを上へ下へと重ねながら一緒に泳ぐのだが、そのからだをなで、さすり、「キス」、つまりたがいを口でくわえながら、つねに一列に並んでいる。チンパンジーは抱き合い、からだを叩き、たがいの眼や腹に口づけする。相手の口にそっと舌を挿入するディープな「フレンチキス」をするカップルもいる。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

ひと目惚れは自然の摂理

ひと目惚れは自然の摂理「目にした瞬間から、彼女は彼に首ったけ。とにかく彼の近くにいたい、彼に惜しまず愛情を捧げたい、とばかりに、彼の行くところならどこでもついてまわっていた。彼の声を聞くだけで、思わず …

no image

愛は寛容で寛大で愛する人には献身的な愛情を注ぐべきもの

いたずら好きな人もいれば、先々のことがわかっていないと気のすまない人、なにごとも秩序立てて考える人、派手なことが好きな人もいる。楽しませてもらうのが好きな人もいれば、知的好奇心を刺激してもらいたいもい …

no image

脳の原始的なネットワーク

アメリカ建国の父ジョージ・ワシントンが語った「燃えやすいもの」とは(少なくともその一部は尾状核を引っかきまわすドーパミンと、脳の報酬システム「恋に落ちた者にとって、相手の獲得こそが生涯でもっとも価値あ …

no image

酒の付き合いが嫌いになる

回避のつき合いも狭くなる。苦手だった場面にアルコールのつき合いがあった。何度練習しても一向にお酒が飲めるようにならない。みんなでお酒を飲んで、酔いが回って楽しく団葉というときに自分だけ手持ち無沙汰でい …

no image

約束を忘れるメカニズム

たしかにI君の場合にもこのもの忘れ心理が働いている。しかし、直視したり思い出すのが不倫快だから忘れているというだけではない、もう一つ大きな感情の動きに由来する面がある。約束したときと別のときでは、その …