雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

ある家族のグランドキャニオン旅行記

投稿日:

ある家族のグランドキャニオンでの思い出を紹介しよう。私達はまずトント高原まで降りてから、トレイルを外れて、荷物をそこへデポした。そしてまたトレイルに戻り、いざコロラド川へ。最初私達が予定していたキャンプサイトは、キャニオンの底だった。ほかにはないと思っていた。ところが、キャンプ禁止の自然保護ゾーンは、トレイルの両脇1・6m幅だけであることを発見キャニオンの中腹にはトント高原がある。

これに沿って100m以上続くトレイルは、キャニオン岩壁を上から下へと急降するいくつものトレイルと交わっているのだ。私達のキャンプサイト、ここより断然いい・・・・私達は気がついた。底は暑くて空気も重い。キャニオン・トップは見えないし、周りを壁で囲まれているため日没がとても早い。そこから私達のキャンプへは、登りの距離も知れていた。グランドキャニオンの底を流れるこの川に着くと、今度はこの川沿いに歩いてキャンプ場を訪れる。そこで飲料水をもらい、底を見学。

キャニオンでズタズタのボロボロ

ハイカ達は皆、このキャニオンでズタズタのボロボロだ。はりきって超高速で歩いたあげく息もたえだえ、汗だくになってつづら折れの折り返しことで座り込んでいる。休憩で数分間立ち止まっても座らず、下りのほうに爪先を向けて足を休めた。私達は歩きかたに気をつけながら、ゆっくり登った。そしてキャンプに戻って、あのすばらしい夜と日の出を、私たちだけで満喫したのだった。

特別な技術は要らないが、バックカントリーでのマナーを守る志を高く持って、地図をちょっとにらんでみる。創造力を発揮しないと、こういう機会には恵まれにくい。レンジャーも皆がこの種の秘密を明かしてくれるわけではないのだ。地形図ならキャンプできそうな平坦な場所も見つけやすい。奥の奥地に潜り込まなくても、その土地の神秘を体感するのは可能だ。残念ながら1泊しかできないようなときは、こんなトリップでも十分楽しめるのでは?

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

キャンプで風呂には入れない場合-自作で工夫して体を洗おう

山の中では、お風呂はとうてい望めない。お風呂付のクルマでもあれば別だが、普通そんなクルマを持っている人は少ない。子供を洗う場合、代わりにスポンジ・バス(スポンジにお湯を含ませて体を拭く)か部分洗いに挑 …

no image

パーティーはリーダーだけでなく一人一人の役割が決まってることが必要

私は大学の山岳部に入部しました。そこはさいわいよき伝統を持つクラブですぐその役割を覚え実践することができました。リーダーが四、五、六と言えば四時起床、五時食事、六時出発なのです。行動が終わって幕営地に …

no image

銀座カラーでの全身脱毛の体験談

ある時、私の嫁が全身脱毛をしたいと言い出しました。嫁が、実際に全身脱毛を体験して、かなりよかったというサロンがあり、そのサロンが、「銀座カラー」で、日本全国に店舗を構える超有名店でした。 嫁が脱毛サロ …

no image

巻雲などの雲のいろいろ

気象観測では、雲をその形によって一〇の「類」に区分している。学名は層雲、高積雲、高層雲、乱層雲、層積雲、層雲、積雲、積乱雲である。この一〇種類は高さによって三つに大別される。日帰りに限らず登山において …

no image

自転車でツーリング中の荷物について

ツーリング中の荷物は普通、フロントサイド、リアサイド、そしてハンドルバーに荷重する。ネジやボルトで組み立ててあるだけのラックは避けて、きちんと溶接してあるものを選ぼう。丈夫さが全然違う。経済的だからっ …