雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

軍用犬が戦争で起用された時代

投稿日:

犬の攻撃性を最大限に利用したのが軍用犬である。古代エジプト、ローマ、ゴル、ケルトの人々は、この役目にマスティフを好んで使った。モロシアン犬と呼ばれたマスティフの初期の系統の犬は、およそ一四〇キロの体重があり、隣猛な性格で知られていた。現代のマスティフは超大型犬である。知る範囲では、体重約一一〇キロで、一二キロもの岩をボール代わりにして遊ぶという犬がいる。フン族のアッテイラ大王は、巨犬なモロシアン犬と現在のブラッドハウンドの前身であるタルボット犬を活用した。

ゲルマンの部族は軍用犬を非常に効果的に使った。のちに軍用犬はスペイン人が中南米の原住民と戦う際にも大きな役割をはたした。この巨大な獣は釘を植え込んだ武器で装備し、接近してくる馬や歩兵を引き裂くのに使われた。これらの犬は現在の地対地ミサイルの古代版だった。なかには背中に槍を背負って人間や馬めがけて走ったり、煮えたぎる松ヤニの鍋を背負い、馬の腹の下を走りぬけるように訓練されたものもいた。

戦争では軍用犬が大きな武器になった

銃が発明される以前の時代には、戦争では軍用犬が大きな武器になった。ケルト人は犬を訓練して騎兵の馬の鼻面に唆みつかせ、乗り手を振り落とさせた。彼らは歩兵をおびやかし、騎兵に対してもきわめて効果的だった。この戦略はローマの騎馬隊がブリタニアに攻め入ったとき絶大な威力を発揮した。軍用犬の威力が最も鮮やかに示されたのは、ゲルマンの一部族であるキンブリ族がテゥトニその他の部族と団結してローマの領土に侵入したときであろう。

優秀な軍用犬を従えたキンブリ族は紀元前一三、一〇九、一〇七、一〇五年と、くり返しローマ人を敗退させた。ローマ側は最も優れた指揮官ガイウス=マリウスとクィンタス・ルタチウス・カトゥルスのふたりを立て、紀元前一〇一年にキンブリの連合軍を北イタリアのヴェルチェリ付近で迎え撃った。キンブリ族はこの戦いで大敗した。しかし、犬たちは人間の主人が敗走したのちも、踏みとどまって戦いぬいたのである。ローマ軍の追撃と最終的な領土奪回は、キンブリの軍用犬のおかげで半日近く遅らされたのだった。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬のトイレトレーニングに失敗しないための方法

どのような環境の元で生活させるかによって、犬はトイレをきちんと覚えられるか覚えられないか分かれるところです。犬を迎えたその日から始まるのが、トイレの問題です。やや大きめのケージを利用してもサークルと同 …

no image

犬の行動に顕著な差は存在するのか?

犬の行動に、本当に顕著な差があるといえるだろうか。意味を明確にするために、次にその解釈の手引となるものを書いておきたい。単純な順位づけだけではさまざまな犬種の行動を充分に推測することはできない。 ・作 …

no image

頭の良い犬が必ずしも最良のパートナーとは限らない

私たちは習慣の生き物であり、利口な犬は家族の翌慣を学びとって予測するようになる。学習能力に優れた犬は、家庭内での日常的なことがらについてものみこみが早い。知能の低い犬は反応が鈍い。部屋の真ん中の快適な …

no image

ハムスターは回し車で運動不足を解消してあげよう

ドワハムは野生の状態では1日に数キロも動き回る活発なハムスター。そんなドワハムを、野原に比べると異常に狭いケージで飼っていると、運動不足からすぐ肥満ハムになってしまいます。ケージのハウスは、通気性や保 …

no image

ペットには前世はあるのか

ペットには前世はあるのか興味がある方もいるだろう。 物理学の最新学説を用いることによって、精神の超常的な作用を解明しようと試みた名著『ホログラフイック・ユニヴァース』の著者、マイケル・タルボットは、飼 …