雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

環境問題

合成洗剤の泡が問題になり始めてから現在まで

投稿日:

かつて、手の荒れる原因であったLASは、現在はほとんど使用されなくなりました。灰などを食器用の洗剤として使っていた頃から考えると、科学の進歩に驚かざるを得ません。昔には、毒性の強い台所用洗剤が大歓迎され、野菜を何分間も浸したりしたものです。子どもが学校給食でそのような野菜を食べさせられていることを知ったとき、ぞっとしました。

合成洗剤シャンプーの主剤である界面活性剤は、陰イオン界面活性剤と非イオン界面活性剤を二種以上混合した濃厚(一五〜二〇パーセント)な溶液です。台所の合成洗剤には、主として陰イオン界面活性剤のAS、AESが使われ、一部では非イオン界面活性剤のPOERなどが使われています。

長時間洗剤に浸した野菜は、そのあとで真水で洗っても、洗剤が完全に落ちるとは限らないからです。近年ではその反省はみられますが、基本的には環境を汚染しているのです。できるだけ少量使うように心がけたいと思いますし、洗剤不要のふきんやスポンジ類なども試してみたらいかがでしょうか。

合成洗剤の泡が問題になり始めたのは

合成洗剤の泡が問題になり始めたのは、一九六〇年代ですが、このころはLASが河川の水から高濃度に検出されていました。最近では、下水処理能力が改善されて、合成界面活性剤は処理されていることになっています。けれども下水処理所の底泥からは検出されており、これらの化学物質がいつまでも分解しないものであることを示しています。

洗濯用洗剤は家庭用洗剤の六〇パーセントを占め、家庭排水による環境汚染の主役です。市販の洗濯用合成洗剤には主な界面活性剤としてLASが使われています。できるだけ少ない洗剤で洗い、LASを減らしたいものです。

底泥を使って埋め立て工事をおこなっていますので、合成界面活性剤は土を汚染することになります。環境問題の中には、私たちの力でどうにもならないものもあります。けれども、洗剤をできるだけ使わないようにすることは誰にでもできます。

-環境問題

執筆者:

関連記事

no image

塩化ビニルの焼却が増えてしまうと

プラスチックは、使用上の問題だけではありません。廃棄物としても困った存在です。特に自動車をはじめ、私たちの生活の中の至る所に使われている塩化ビニルは大きな問題となっています。 塩化ビニルの焼却には二つ …

no image

アメリカでトウモロコシの収穫量が激減したことなどで価格の急騰が起こった

一九九四年に、アメリカでトウモロコシの収穫量が激減したことと中国がトウモロコシの輸出国から輸入国に変わったために、価格の急騰が起こりました。エチオピアでは飢饉が起き、飢餓に苦しむ人々がたくさんいること …

no image

希少な水棲生物が絶滅の危機

「生きた化石」と呼ばれるカブトガニは、西日本を中心に八カ所が生息地とされていましたが、海岸の埋め立てなどの影響で急速に減少。愛媛県東伊予市周辺ではほとんど見られなくなってしまいました。護岸工事や干拓で …

no image

界面活性剤の働き

洗うということは多くの場合、脂肪分を水に溶けるかたちにして流すことですので、界面活性剤が使われる。めんるい食品の中にも界面活性剤が含まれていることがあります。豆腐の凝固剤、麺類、パン、でんぷん食品、ア …

no image

アメリカの京都議定書への取り組み方

温室効果ガスの排出量削減目標を盛り込んだ京都議定書への取り組み方。九七年一二月の京都会議後、日欧は循環型社会へ向け様々な取り組みを見せていますが、アメリカではほとんどそれらしい動きを見せていません。 …