雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

Google用モバイルサイトマップなどの施策を行おう

投稿日:2015年2月21日 更新日:

ここでは、モバイルサイトコンテンツ施策について紹介します。

・リスティング広告を使う

モバイルではSEOはまだ発展途上にあるため、思うように上位表示させるのが難しい可能性があります。それに比べると自由にキーワードが設定できるモバイルのリスティング広告であれば、明確にユーザーにリーチできます。
モバイルのリステイング広告に掲載する方法があります。仕組みはPCの場合とほぼ同じです。投資対効果を考慮しながら最適なコストとキーワードの選定を行いましよう。

・SEOの基本設定を行う

現状SEOを施していないモバイルサイトが多いため、しっかり基本の設定をしておけば競合よりも優位なポジションに位置できる可能性があります。キーワードを意識しながら、titleグ、metaタグ、h1タグの基本的な設定を行います。発展途上のモバイルSEOですが、最低限SEOの基本を実装しておきましよう。

既存の自社媒体からの集客

・既存の自社媒体からの集客

自身のブランドにおけるタッチポイントを活用してモバイルへの筋道をつくることは、モバイルの集客を考えるうえで最も効率的な方法だと理解してください。ウェブサイトだけでなく、会社案内や商品パンフレット、名刺などにもQRコードを用意しておくと効果的です。モバイルサイトの公開時だけでなく常時ユーザーがアクセスできるように携帯サイトへのリンクやQRコードを置いておきます。自身のウェブサイトに携帯サイトが公開されたことを謳い訪問を促します。自社の媒体に集まるユーザーからの集客を狙います。

・Googleのモバイルサイトマップに登録する

Googleのモバイルサイトマップをつくり、モバイルサイトの各ページをGoogleのクローラーに登録させる方法があります。通常のサイトマップと同じ方法で作成できますが、サイトマップについては、よく勉強をしておいたほうがいいでしょう。モバイルサイトを構築しても、検索エンジンから訪問されることがなく、インデックスされない状況が続く場合がよくあります。まずは検索エンジンにモバイルサイトの存在を認識させる必要があります。

ネットで稼ぎたいなら、ポイントサイトがおすすめです。私が一番稼げているのはポイントサイトは、げん玉(会員数500万人)というサイトで、ここなら毎月5万円は稼げます!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

Google SEO対策はキーワードの最適化から

検索サイトに上位に表示された方が、必然的にサイトにきてくれる確率が高くなります。ネットショップの店主は検索サイト上位に表示されるために、対策を立てなくてはなりません。これがSEO対策です。 検索サイト …

no image

商売に使われる用語の紹介-基本的な事項

仕入条件や基本的なマナーとは、初めての方には、聞き慣れない用語や一般的な商慣習ともいえることなどです。覚えておきたいことがあります。それは、仕入条件や基本的なマナーに即しているか否かで判断されるケース …

no image

テキスト広告の形式を知ろう-自ら作成していくことが重要

検索エンジンへの登録は、たいてい情報を登録するためのフォームがあるので、それほど難しいものではない。リンク集やHP紹介型のメールマガジンも同じようなものだ。しかし、メールマガジンの上段にあるような有料 …

no image

実店舗とは比べ物にならないスピードで進化するネット店舗

一度でも商品を購入してショップの使い勝手を知ってもらえば、商品・価格・サービスについて、ある程度信頼を築き上げることができるので、新規のお客よりも次の購入につながりやすい。しかし、リピートは待っている …

no image

アフィリエイトではASPに登録することが始めの一歩

・利用するプランを選択する ASPによっては、複数のサービスプラリエイトにも対応した「ベーシックプラス」を提供していることもあります。たとえの2つのプランを提供しています。さらに、代表的なASPの1つ …