雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

Googleアナリティクスなどで流入キーワードをチェックする

投稿日:2015年4月1日 更新日:

・検索エンジンからの流入キーワードのバリエーション

SEOを施すと、ページ内にある様々なキーワードの組み合わせにより、多くのワードが上位表示されます。そのため流入キーワードのバリエーションが大きく向上するのが一般的です。検索エンジンからの流入数SEOを施すと訪問数全体が向上すると錯覚してしまう場合が多いようですが、あくまでも向上するのは、検索エンジンからの訪問数です。この数字を、施策前もしくは前年同月と較べて成果があったかを確認します。

すべての流入キーワードを分類するのに手間がかかるようであれば、流入キーワード上位100ワードでの比率を出してみるのもひとつの方法です。SEOの効果が高いほど、一般ワードの比率が高まります。

ブランド名、商品名、サービス名以外の流入キーワードの比率潜在顧客が検索する際の一般ワードの流入数が、会社名やブランド名、商品名など直接指名してきたワードに較べ、どれぐらいの比率にあるのかを確認します。施策前もしくは前年同月と比較して、流入キーワードのバリエーションが向上しているかを確認しましょう。

画面設計の最適化を行った場合

プライオテイをつけて構成した画面設計が、設計者の意図どおりにユーザーに使われているかを、ログから検証することができます。GoogleAnalyticsのオーバーレイ機能のように、画面上のどこがクリックされているかを示してくれる機能があれば、簡単にユーザーの使用状況を確認できます。ユーザーの求めている情報やユーザーに訴求したい情報をもとに構成した画面設計は、ほんとうに正しかったのでしょうか。

そのような機能がログ解析ツールにない場合であっても、当該のページからどのように下層のページに遷移しているかを確認し、効果を計ることがで、意図どおりにクリックされていない場合は、情報の配置が悪いのか、デザインに工夫が必要なのか、コピーが伝わりづらいのかという点を中心に検証し、チューニングしていくことが求められます。

ネットで稼ぎたいなら、ポイントサイトがおすすめです。私が一番稼げているのはポイントサイトは、げん玉(会員数500万人)というサイトで、ここなら毎月5万円は稼げます!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

ネットショップは仕入れや在庫保有のリスクがなく始められる

ネットショップを運営している人はどんな目的を持ってショップを始めたのでしょう。ネットショップでできることについて考えてみましよう。本やCDなどを中心に取り扱うAmazonでは、膨大な品数と検索のしやす …

no image

ブログ炎上で廃業した事例-収拾がつかない恐怖

ブログ炎上が一度発生してしまうと、収拾はつきません。ブログを廃止にするしか手はないでしょう。ネットショップのブログとしては、致命的な事態であり、廃業も視野にいれなければいけません。 ブログ炎上と急にい …

no image

購買行動までの段階を考える-会計ソフトの導入など

~意思決定(購入決定)までの段階を考える~ IT以降はインターネットを通じて情報を得ることが日常化したため、検索という段階で、比較や検討をするケースが多くなってきています。会計ソフトの導入を検討してい …

no image

アクセス数を増やすことができない悩みを持つ運営者達

インターネットショップを開いても、いまいちアクセス数が伸びないとか、売上が伸び悩んでいることはないだろうか。アクセス数が増えても注文が増えないのであれば、商品に魅力がないか、サービスが悪い、経営方針が …

no image

スパム行為でSEO的な評価を下げないように気をつける

ここでは代表的なスパム行為を紹介しますので、サイトリニューアル後に影響がでないようにチェックしてください。 ・検索エンジンに意図的にユーザーとは違う情報を見せる(検索エンジン用に最適化されたページを意 …