雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

ゴールデンレトリーバーは服従に最適な犬

投稿日:

シェルティー(シェットランド・シープドッグ)やボーダー・コリーのような牧羊犬がうまく演技をこなせるのは、彼らが人間のために働きたがり、逆に誰かの指示がないと気がぬけてしまうからです。審査員は次のように指摘した。鈍いゴールデンでも、人間から受けた指令は理解できるし、人間を喜ばせたい一心でそれをこなす。服従に最適な犬は頭の鈍いゴールデン・レトリーバーだろう。彼は目の前のことを誇索しようとしないので、反応の仕方を変えることもなく、人間が最初に教えたとおりを正確に実行するようになるブリーダー繁殖家や訓練士は犬に関して性格という言葉はめったに使わない。

この言葉がどちらかというと精神性と結びつき、あまりに人間的な意識や特徴を意味する場合が多いからだろう。重要なのは、この犬が飽きっぽくなく、すぐに気を散らすこともないという点である。ある種の作業や服従機能における犬の性格の重要性を初めて指摘したクラレンス・ファッフェンバーガーも、この言葉を使っている。彼らはもっと客観的で中間的な気質という言葉を使う。ファッフェンバーガーは、優れた盲導犬には順応的知能だけでなく、それに適した性格的特徴が欠かせない、とすぐに気づいた。

修了できたのはわずか九%だった

ファッフェンバーガーはこの成功率の低さに悩み、学習および問題解決能力に関わる順応的知能を測るテストを何度か継続的におこない、盲導犬に必要とされる複雑な服従作業で、どの犬が最も優秀かを調べた。クラレンス・マッフェンバーガーは、目の不自由な人たちのために盲導犬を訓練し、選択育種にあたって要となったひとりであった。

一九四〇年代なかばに、彼が初めて盲導犬の訓練と選択育種に関わったとき、訓練を開始した犬のうち完全に課程を修了できたのはわずか九%だった。明らかに、性格的特徴次第で犬は順応的知能をフルに発揮して優秀な使役・服従犬となる場合もあれば、逆に性格が邪魔して実用的な機能を習得できない場合もある。このことを頭に入れながら、彼は性格と知能の両方を考慮した選択育種を開始し、一九五〇年代の終わりには、学習行程を完全に修了できる犬の割合を九%から九〇%にまで高めたのである。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬の吠え方の違いで感情を理解する

犬の声の長さは重要である。高い声で短く切れる場合は、恐怖や苦痛を示すことが多い。しかし高い声でもゆっくりとくり返される場合は、遊び気分や楽しいことへの期待を示している。たとえば低い声で長くうなる場合は …

no image

犬は人間のように表情豊かではないが重要なものがある

犬は人間の唇のように豊かな表情は出せない。しかし基本的にいくつか重要なものがある。唇がまくれあがり、歯が全部むき出るだけでなく、前歯の上の歯くきまで見え、鼻の上にしわが寄る。引っ込め、さもないと覚悟し …

no image

犬猫の祖先はミアキスと呼ばれる小さい動物だった

古代生物学者のほぼ一致した意見によれば、犬の前身はミアキスと呼ばれる、木に棲む不思議な小さい動物であった。この動物はおよそ四〇〇〇万年前に生息していた。ミアキスはミンクぐらいの大きさで、短い脚、長い尾 …

no image

ジャンガリアンハムスターはおっとりした性格

シャンガリアンハムスターは、おっとりハムの代表選手。一般的な毛色は灰色(グレイ)で、背中に黒い線が入っているもの。他の色には、ブルーサフアイア(薄いグレイ)、スノーホワイト(白+黒日)、パール(白で背 …

no image

チンパンジーの言語能力を検証する様々な実験

ガードナー夫妻はチンパンジーに聴覚障害者のための米国手話言語(ASL)を教えることにした。ASLでは声ではなく手の動作が使われ、チンパンジーは手や指を器用に使いこなすことができる。ヤーキーズ研究室のス …