雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

無理して下山する危険性

投稿日:

剣岳の北方稜線で起きた事故ですが、登山経験二年の夫婦が熟達者向けと言われる北方稜線に向かい奥さんが滑落し亡くなったケースです。前日、宿泊した山小屋のガイドでもあるご主人からあなたたちでは難しいからと止められたようですが、ガイドと一緒に登ったことのあるルートだからと制止を振り切って向かったようです。確かに自分たちの足で登ったのかもしれませんが、実はガイドに連れられ登らせてもらったのです。

経験は二年ですが、ガイド登山も含めよく山に通っていたようです。途中でルートを間違え引返す時に滑落したようです。天候やルートの判断もガイドがサポートしていたのです。どんなに装備がよくなり、交通手段が発達しても山は非日常の世界です。日常から非日常への切替えを強く意識してください。遭難者は、本当に何でもないところで事故を起こしています。あるいはちょっとしたミスや判断の誤りの積み重ねで引き返せない所に追い込まれています。

死傷者数でも奥多摩の方が多い

いまや首都圏の中高年にとって魔の山は谷川岳ではありません。死傷者数でも奥多摩の方が多いのです。おしゃべりに夢中で分岐を通り越し遭難した主婦もいます。このように、中高年の重大事故の要因に、暗くなり道がわからないのに無理して下山しようとして重大事故に至るということがあげられます。とにかく生還することが大事です。計画の甘さや読図力、パーティーとしての行動などもろもろの反省の上にたってのことですが、ともかく会社に遅れるとか、世間を騒がせるとか日常の判断で行動しないことです。

そうしたものは後で取返せますが、あなたの命は取返せません。また、もし転倒や滑落などで捻挫や骨折したり、頭や身体に損傷を受け歩けない、動けないような事故が起きた場合はまず落ち着いてください。よく状況を把握してから、救助を依頼しましょう。近くに他の登山者がいれば手助けを頼み、携帯電話か無線機が使えるようであれば警察か消防に連絡しましょう。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

山歩きでなによりも優先すべきこと

何よりも優先すべきことがあります。それは安全な所で休むということです。この原則を守っていないパーティーが意外に多いのです。コースをよく知っている人がいれば休憩によいポイントにあわせ、数分程度ずらすのは …

no image

MTBやクロスバイクは街乗りと違い普通は24段変速

MTBやクロスバイクは普通24段変速。そんなにいらないんじゃないの、と思う人もいるだろう。しかし、トレーラーに子どもやキャンプ道具を積んで引っばる機会があれば、初めてそのありがたみがわかるのだ。変速つ …

no image

山での服装や身の回りの確認など

・身の回りの確認と衣類 衣類は、登山口に着いて休んでいる時は暖かくしておいていいですが、出発する時はやや寒い(涼しい)かな、と思う程度の方が歩き出してから体が温まり、結果としてほどよい温度になるようで …

no image

ガレ場、ザレ場、木の階段などを登山で歩く際の注意点

ここでは、登山の時に遭遇する木の階段やガレ場などの特徴を紹介していきます。 ・木の階段 歩きにくいからといって脇を歩くのは注意した方がよさそうです。現実には脇を歩いた跡がたくさんありますが、この木の段 …

no image

車の中で子供が泣き止まない-こんな時どうすればいいのか?

我が家の2歳児は、揺り籠、走行中のクルマ、チャイルドキャリア、と多少の振動はものともしない。しかしカヌーでのお昼線だけは苦手で、パスしてしまうか、陸に上がって散歩をしてキャリアの中で寝つくかだ。狭いト …