雑学

原付のヘルメットはどんなものでもかまわないのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女性専用車両は2001年3月に京王線に登場

原付のヘルメットはどんなものでもかまわないのか?

原付のヘルメットは、どんなものでもかまわないのか?野球用のヘルメットなどをかぶって原付にまたがっている若者をたまに見かけるが、バイクに乗るときにかぶるのは、どんな型のへルメットでもいいのだろうか?工事現場作業者などが、工事現場用のヘルメットをかぶって、原付に乗っている光景を何度か見たことがあるが、あれは違反ではないのだろうか?

道路交通法施行規則では、へルメットについてあごヒモがついていることとされています。ですから、野球用のへルメットやカツラはダメ。また、突起物があったり角張っていたり、人を傷つける恐れのあるものも違反です。ノーへルと同じ扱いで、運転者が減点1となりますとのこと(警察庁広報室)。ノーへルが交通違反なのは誰でも知っているが、スポーツ用や工事用のへルメット、あるいはチタン製のカツラなど、かぶってさえいれば何でもいいのだろうか。そんなことはありません。

あごヒモつきの丸いへルメットであれば、あとは強度測定でもしないと違反かどうか判断できない。見た目で問題がなければ、それ以上は取り締まりにくいのが実情です(警察関係者)。そもそもへルメットは自分の身を守るためのもの。運良く取り締まられずに済んだとしても、乗車用として売られているヘルメットをかぶった方がいいのは言うまでもない。

国家基準を満たしていることを示すマーク

規則では充分な強度があること、構造や外見の他、製品の強度など、乗車用へルメットとして販売することが許される国家基準を満たしていることを示すのが、PSCというロゴマークのシール。このシールがついていれば、まず問題はない。しかし、使用時にシールをはがす人がいたり、マークがなくても基準を満たしている可能性もある。

原付などの場合だと、車や単車のようにスピードを出さないから大丈夫だろうと思うかもしれないが、原付でも事故をして死傷してしまうようなことも充分ありえる。特に頭を打ってしまうと、死に直結してしまうので、ヘルメットはかならず、PSCというロゴマークのシールの貼ってあるヘルメットを着用しないと危険だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加