雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

環境問題

原子力発電の仕組みは核分裂

投稿日:

ウランのかたまりが小さいと、核分裂で発生した中性子は、次の核分裂を起こさないうちに外に逃げてしまうものが多くなり、連鎖反応は起こりません。ちょうど適当な大きさのかたまりであると、外へ逃げだしたり、残りの中性子が核分裂の数を増やしもせず減らしもしない程度になって、ある一定の割合で分裂を持続させることができます。この状態では、爆発的でなく、持続的なエネルギーの放出が起こります。これが原子炉の原理です。

原子核が分裂すると、大きさがだいたい等しい二つの核になります。原子は、陽子、中性子、電子からなっていますが、ウランなどの重い原子核に中性子をあてると、原子核が二つに割れる「核分裂反応」が起こります。重い原子核ほど中性子の割合が大きいので、軽い核に分裂すると、余分の中性子がこぼれ出ます。

このこぼれた中性子が次の原子核にあたれば、それを分裂させて、さらに新たな中性子が出てきます。このようにして次々と原子核を分裂させていくことができます。この反応を連鎖反応と呼んでいます。

中性子の量の微妙な調節をおこなう

核分裂連鎖反応が一定の割合で維持されている状態を臨界といいますが、原子炉では、制御棒の出し入れによって、核分裂反応を臨界に保つことができます。原子炉のなかには、中性子を吸収しやすい物質が置いてあり、それを出し入れすることによって中性子の量の微妙な調節をおこなうことができます。

原子力発電と火力発電のちがうところは、火力発電では、石炭や石油などの化石燃料を燃やしてエネルギーを得ますが、原子力発電では、核分裂によってエネルギーを得ることです。世界で最初に商業用原子炉が運転されたのはイギリスで、一九五六年のことでした。原子力発電も火力発電も、水を沸かして蒸気に変え、蒸気の力でタービンを回して発電する仕組みになっています。

核分裂から最大限のエネルギーを得ると、原子爆弾になってしまいますので、原子炉の中では、核分裂をコントロールして、緩やかに反応させ、出る熱エネルギーを取り出しています。日本には五二基の原子力発電所(炉)があり、世界で第三位の保有国になっていました。ウランは他の資源とおなじように有限な資源で、日本ではすべて輸入しています。

-環境問題

執筆者:

関連記事

no image

地球温暖化により海面上昇が起こる可能性

温暖化で危機に陥るのは日本です。また、環境庁の発表では「六五センチの海面上昇により日本中の砂浜の八割が海中に没する」とのことです。海面上昇により海を埋め立てて造った空港や、人工島などは使用できなくなり …

no image

酸性雨でコンクリートなどが溶ける

日本でも鎌倉の大仏や、上野公園の西郷隆盛の像が徐々に溶け出しているのはご存じのことでしょうか。緑や白の変色やさびが増えています。都会の町並みを散歩するとき、緑の木々の間に立ち枯れの木はないでしょうか。 …

no image

世はまさにITブーム-新しい成長のかたち

新聞紙上ではITなしでは目も暮れないといった風情。「ITと日本経済」の連載社説。読み物はタイトルが「デジタルエコノミー」、トップ記事は、「設備投資製造業一三%増」の横見出しに対し、「IT関連けん引役」 …

no image

環境によいことなら何でもやってみよう、だめならやり直せばよいではないか

とにかく、環境によいことなら何でもやってみよう、だめならやり直せばよいではないか。ヨーロッパ各地を歩くと、こんな姿勢で現状をつくりかえる様々な草の根の取り組みを目撃することができます。たとえばシュツッ …

no image

死にそうになった経験から見えてくるもの

死にそうな経験、大病、破産、大切な人を失った。そんなとき、それまでの価値観が一瞬にして崩れ、不思議な感覚(解放感、至福感、霊的体験)が訪れることがあります。これは挫折感、落胆、荘然自失というものとは別 …