雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

健康

玄米や雑穀米の注意点や過度のダイエットや断食の危険性

投稿日:

一般にヘルシーだと思われている納豆、山華、オクラ、里華、モロヘイヤなどのねばねばとした食材、ヨーグルトやチーズ、生クリームなどの乳製品は、カパを悪化させます。粘り気の強い日本米やうどん、お銀、脂ののった魚、降りの牛肉。パスタやパンなどの小麦製品もカパが強い食品です。どうしてもこれらを食べたいときは、消化力のいちばん強い昼食時に、量をひかえめにとるようにしてください。逆にとても軽いのは大麦です。雑穀のきび、あわ、ひえは消化力を上げるので、これらをまぜてもよいでしょう。

押し麦として売られていますので、お米を炊くときに二割ほどまぜると、ご飯のカパを軽くできます。白いパンやご飯、パスタやうどんは要注意です。気をつけたいのは主食ですが、穀物の中でもっとも重いのは、精白した小麦、次いで精白米です。玄米は雑穀以上にピッタを乱す質があるため、皮膚炎の方は避けたほうがよいでしょう。雑穀はピッタを悪化させる質をもつため、過度に食べると皮膚炎を引き起こしやすいので気をつけてください。すでにアレルギー症状があらわれている場合は、カパ食品をできるだけひかえましょう。

激しい減食や無理な断食をおこなった場合

手っ取り早く獲せようと、激しい減食や無理な断食をおこなった場合、慢性的な冷え性になることがあります。減食、断食に限らず、ダイエット法や健康法にはくれぐれも用心してください。残念なことですが、ダイエットをきっかけに健康レベルを落としてしまう方は少なくありません。肌が乾燥する、便秘になる、気分が不安定になるなどの症状が出やすくなります。

これは、お腹の中に燃やすものを入れなかったために、消化の火=アグニが極端に弱ってしまったことが原因です。このようなケースでは、手先、足先など末端の冷えが強く、外から体を温めても楽になりません。たき火や暖炉の火と同じで、いったん弱ってしまった火力を戻すには、慎重さと根気が必要です。

-健康

執筆者:

関連記事

no image

お腹を下しやすい人が回復した方法など

それほど身体が強いほうではなく、しょっちゅうお腹を下していて、高校は、「ゲリー」という不名誉なあだ名をつけられたぐらいです。いろいな病院でも診てもらったり、漢方薬を飲んだりしてもよくならない。 そのよ …

no image

腸内洗浄で解毒すると病状が飛躍的に改善する

毒素が病気の原因だと理解できれば、解毒によってほとんどの場合病状が飛躍的に改善したり、場合によっては完全に治ったりするのが当然であることも理解できる。病気になりたくなかったら、あるいは病気を治したかっ …

no image

変形性膝関節症などの痛み原因を改善する効果

あなたがグルコサミンを早く摂りはじめれば、それだけよりよい結果が期待できる。多数の研究結果は、症状が軽度のときに早期に摂りはじめた人ほど非常に大きな効果が得られることを示しており、変形性関節症が重度に …

no image

エキナセアとは何か?アメリカ合衆国で医療に用いられるハーブ

・エキナセアとは何か? アメリカ合衆国で医療に用いられるようになったのは一八八七年からで、約四〇年間、風邪やインフルエンザなどの軽い感染症の治療に広く使われた。北米のネイティブ・アメリカンに親しまれて …

no image

病気にかかる原因には4つの原因がある

病気にかかる場合もなる場合も原因は四つだ。体内毒素、栄養不足、電磁波、ストレス。この四つが原因であるならば、この四つに対処すれば良い。これまでと同じ生活を続けていけば、肉体的健康は少しずつ衰え、体調不 …