雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

外科と内科の先生が良い求人を見つける方法

投稿日:2014年11月17日 更新日:

外科と内科の先生が良い求人を見つけるには、エムスリーキャリア医師転職ドットコムなどの転職支援サービスを利用するといいと思います。転職支援サービスを利用しますと、すぐに条件の良い求人が見つかると思います。

転職支援サービスには、非公開求人も多数あり、数万件の求人の中から探せますので、外科の先生も内科の先生も、確実に条件の良い求人が見つけられると思います。転職支援サービスを利用すれば、自分で探すよりも間違いなく良い求人が見つかるはずです。利用無料なので、登録だけして放置もできますし、情報収集のためだけに登録してもいいのではないかと思います。

外科と内科の違い

医者の場合、科ごとに気質もちがっているともいえますが、とくに顕著な差を見せるのが内科と外科のちがいです。内科医は、患者からいろいろな症状を聞き出して、その言葉から病気を推察し判断しなければなりませんから、どちらかというと社交的です。中には患者に対して横柄な態度の内科医もいますが、そういう医者はいずれ不人気になります。患者もそういう内科医には安心して相談ができないので、病状もよくなりませんから。

外科医は、手術の腕に自信がないと医者としてやっていられませんから、職人気質で、どちらかというと無口な人が多くなります。ちょうど、ブラツク・ジャックのような感じでしょうか。

もうひとつ身体的なちがいを挙げれば、内科医はどちらかというと頭脳プレーですから、高齢でも判断力、記憶力さえ衰えなければ務まります。患者とのつき合いも一生ものになるわけです。また、外科医には体力が不可欠です。場合によっては七、八時間も集中して手術をおこなうこともありますから、それに耐えるだけの体力がないと務まりません。

内科医の特徴

内科医の特徴は、熟考すること。内科医は見立てが第一に要求される能力です。いろいろな病気の疑いや兆候がでていることもあるので、症状を抑える薬を出して様子を見ましょうという状況観察になるケースも中にはあります。しかも、ここで見立てを間違うと、症状が急変して取り返しがつかなくなることもありますから、ある程度、迅速さ、的確な判断も求められるという仕事です。

患者は自分の体のどこが病気なのかわからずに、調子が悪いと来院するわけですから、そういう患者を数多く診ることになる内科医は、病院・治療の入り口としてすべての可能性を見立てで検討しなければなりません。自分の専門ではない病気の患者が来ることもよくありますから、患者の症状を見て、その症状にどんな病気の疑いがあるか判断しなければなりません。なんでも単なる風邪ですね、過労ですねですませるわけにはいかないのです。

内科医の診断結果次第で、その患者は他の科に行くことになったりもするし、その病院での治療が無理と判断されれば、ほかの病院を紹介することになります。ということは、内科医の気質はなんでも疑って、幅広い知識からすべての可能性を検討するという、多少、粘着気質型の性格にならざるを得ません。

外科医の特徴は、器用で決断が速く的確だということ。加えて、外科手術をどれだけこなすかということが技術のバロメーターになりますから、とにかく切るという方向性です。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医者を志すのは若いほどいいのか?

アメリカの場合などは、メディカルスクールといって、大学を出た人が医学部のような学校に入る仕組みなので、もとの専攻とは違う形で医者になる人や、社会人を経験して医者になる人はざらにいる。しかし、そういう人 …

no image

人獣共通感染症インフルエンザ

A型インフルエンザウイルスは、力モに代表される水禽や家禽といった鳥類にも感染しますし、ウマなどの晴乳類にも感染します。人間だけではありません。 さらに、A型インフルエンザウイルスは、ウマ、アザラシ、ク …

no image

看護師が患者を死なせてしまった話-見よう見まねで起こった事故

ある救急医療センターには、日頃から若手医師をイジメるので有名なべテラン看護婦がいた。経験の浅い医者が診ていると横から口を出す。普段、研修医を見下しているようなべテラン看護婦が自分の経験や勘だけで勝手な …

no image

外科医の家庭生活は不安定なもの

ある外科医の話では、外科の医者って、正式な離婚率でも4割はいくだろうという報告です。また、別の医師は、戸籍上は別として、実際の生活で離婚は8~9割はあるらしいといっています。 それほど外科医の家庭生活 …

no image

虐待の原因と子供への影響

理想の母親像に苦しむ母親たちの児童虐待が問題となっている。最近では家庭の外からは早期発見の難しい養育放棄の深刻な実態が浮かび上がっている。 身体的な虐待のほか、養育放棄、性的虐待、心理的虐待があり、テ …