雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

ガリウムシンチなどの医学用語集

投稿日:2014年11月22日 更新日:

・ガリウムシンチ

病気の種類によって、注射する物質が異なるわけだが、ガンの場合はガリウムというものを注射する。そうすると、ガンのある場所が黒く写る。シンチグラフィー、略してシンチというのは、放射能を出す物質を注射してから、写真を撮る検査法だ。もし転移していれば、その部分も黒く写る。

・カゲ

X線撮影をしたら、何かモノが写ったことを意味する。もちろんガンとは限らないが、ガンの場合が多いから、非常にヤバイのだ。正式な名称は陰影だが、俗にカゲと呼んでいる。だから、医者に胸のレントゲン写真で、カゲが写っていますと言われた患者は、崖っぷちに立たされた気持ちがするものだ。

・寛解

なぜ治癒と言わないかというと、白血病細胞が再び出現してくることが多いからだ。白血病の患者に抗ガン剤を点滴すると、とりあえず白血病細胞が血液中から消えた状態になるが、これを寛解という。

カルチ

・カルチ

ガンを英語でキャンサー(cancer)ということを知っている人は多いと思うが、じゃあ、キャンサーとカルチはどう違うのかというと、殆ど同じだと考えてよい。ただ、カルチの方が学術名っぽい感じがするし、患者の前で使っても大丈夫だというメリットがある。正式にはカルチノーマというが、通常はカルチと略して言う。ガンという意味。

・開胸術

進行した肺ガンの場合は、開胸することが多い。胸の骨を切って、開く方法。もっとも、早期の肺ガンの場合は、開胸しないで、胸腔鏡という管を入れて手術するのがハヤリだ。だから、主治医が早期ガンですと言ったにもかかわらず開胸術をした場合は、実は進行ガンだと考えた方がよい。

・温熱療法

ガンが熱に弱いのは事実であり、それを利用したのが温熱療法だ。たとえば、前立腺ガンの場合は、太い管を差し込み、管の先から高熱を出して、ガンをやっつける。別に、草津温泉や熱海温泉に行って、ガンを治そうというわけではない。だが、当たらずとも遠からじである。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

美容整形にハマるある女性の話

ホクロとりや二重まぶたなど、ほんの1時間足らずで受けられる手術もあり、美容整形は、ぐっと身近で日常的なものになりつつあるようだ。近年、美容整形の技術は格段の進歩を遂げている。手始めはホクロ、それからお …

no image

終末期の定義と厚生労働省

後期高齢者終末期相談支援料は、凍結されたが、厚生労働省は医療費を減らすために、このような考えを持っていたことは事実だ。言っておきたいのは、寝たきりになったり、末期になってまで生き延びたいとは思わないと …

no image

心臓外科の先生が知っておきたい転職医支援サイトを紹介

心臓外科は、手術をする機会が多く、症例数が高い医師がかなり多いです。平均的に、年間50程度の症例を経験すると言われていて、多い場合には、200以上の症例を経験する先生もいらっしゃいます。また、人気の先 …

no image

タバコのデメリットや害を知る

喫煙される方は肩身の狭い思いをしていることでしょう。喫煙者はどんどんと肩身の狭い思いをさせられ、今よりももっと肩身が狭くなることは明白でしょう。 もうこの際、そんな肩身の狭い思いをするのはやめにしませ …

no image

名医とは-手術の腕だけでなく患者への対応も見ておこう

たとえば高血圧の初期は、症状が何もないので、自分で勝手に通院をやめてしまう人がいる。そういう人が体調を悪くして再び病院に来た時に、医者は勝手に通院をやめるから、こんなことになるんですよと言うかわりに、 …