雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

健康

癌は悪いものだとは限らないというある説

投稿日:

白血球の仕事はバイ菌を食い殺すことだけだ、と思われている方が多いと思いますが、白血球が食べるのはバイ菌だけではありません。身体のなかの老廃物も食べてしまうのです。ですから、へビースモーカーの人はノン・スモーカーの人に比べて白血球がたくさんあります。それから、太った人も白血球の数が多いです。太っていると、それだけたくさんの老廃物が身体のなかにありますから。この白血球とガン細胞には驚くべき多くの共通点があるのです。人間の細胞のなかで、体中を自由に動くことができる細胞は、白血球とガン細胞しかありません。

ですから、白血球とガン細胞はある面、非常に似通った性質を持っています。ガンといえば、なんでもかんでも悪いと思われがちですが、すべてのガン細胞が身体に悪い影響を与えるというわけではない、そういう面も考えられるようです。そのよい面は何かといいますと、ガン細胞は血液の汚れを処理し、血液をきれいにしているというのです。最近になって明らかになってきた活性酸素について見てみましょう。

ガンが手術したために転移が早まる

活性酸素が、ガン細胞から多量に発生する。よって、ガン細胞も白血球と同様に身体のなかに溜まった老廃物を処理するために必要なのではないかという考え方もできるようです。つまり、血液を浄化して、延命しようとする装置と考えるわけです。こう考えると、ベストセラー本のタイトルにもなった患者よ、がんと闘うなという博士の主張もよく理解できる、というものです。

現代医学では、ガンはおろかすべての病気の元凶であり、老化の原因だと目されています。しかし、この悪役の活性酸素は、白血球(好中球)が身体の老廃物や病原菌を貧食するときにも生成されます。つまり、この事実に鑑みると、活性酸素とは老廃物や病原菌を燃焼させるために必要な酸素ではないかという考え方もできます。実際に、ガンを手術したために転移が早まる、という例はよくあります。浄化装置を手術で取り払われたら、生きているかぎり、新しい浄化装置をつくる、それが転移と考えられるようです。

-健康

執筆者:

関連記事

no image

痛風に効果が高いチェリージュース療法の効果は本当?

チェリー・ジュース療法の起源はよくわかっていないけれども、それについてのおそらく最初の医学論文は一九五〇年に発表されている。ルートウィヒ・ブラウ博士が生物学および医学テキサス・レポートに発表したァ痛風 …

no image

脳の記憶の引き出しの仕組みはどうなっているのか

大きな図書館には索引簿や索引箱がありますが、それを使って探す方が、実際の書庫を探すより効率的です。後で素早く思い出すことができるように、どのファイルに綴じて、どの書庫にしまったのか、必ず記録をつけます …

no image

瞑想とは何か?練習すれば誰でもできます

・瞑想ってどんなもの?練習すれば誰でもできる それは、鉄棒の逆上がりはこうすればできますというようなものです。瞑想はノウハウですから、練習すれば誰でもできるようになります。多くの人がどんどん上達された …

no image

周波数発生器でエネルギーバランスを整える効果

周波数発生器は、あらゆる病気を百パーセント治すといっても過言ではからず、痛みもなく、費用も高くないが、FDAによって非合法化されて治療師たちは訴追を恐れて病気治療をしていることを表立っては言わない。こ …

no image

濡れた髪のままであたまを冷やすとヴァータと力パが悪化してしまう

アロマオイルを楚いたり、香りのいい季節の花をベッドサイドに置くのは眠れない時にけっこう効果的です。就寝の30分くらい前に、温めたミルクを飲むのもいいでしょう。ミルクはカパを上げてくれます。ただし、夕食 …