雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

額帯鏡-頭に丸い鏡が付いた黒い帯状のもの-用語集

投稿日:2014年11月23日 更新日:

・額帯鏡

現在ではペンライトが主流なので、額帯鏡をつけた医者は殆どいないが、マンガに出てくる医者は、必ず頭に丸い鏡が付いた黒い帯状のものをかぶっている。これは額帯鏡(ガクタイキョー)といい、患者の口や鼻の穴を見るのに使う。

・怪文書

相手の教授の過去の女性関係などを書いたビラが、壁に貼ってある。もっとも、デタラメな内容が多いので、あまり効果はないようだ。教授選、つまり教授を決める選挙の直前になると、怪文書が出回る。

・過剰医療

職員の生活がかかっているだから、検査や治療をやりすぎる傾向があり、これを過剰医療と呼ぶ。国立大学病院は、赤字になっても潰れることはない。だが、一般の診療所はそうはいかない。もちろん、この病気の時は、こういう検査、貼り薬をやってよいと厚生省が認可した範囲でやるので、別に違法ではない。

学用患者

・学用患者

学用患者には、たとえば治験薬を飲んでもらい、その前後の血液データ等を集めたりする。この治験薬というのは、動物実験では治療効果があり、大きな副作用もないが、人間で試したことはないので、厚生省がまだ無認可の状態の薬のことである。大学病院には学用患者がいることが多い。

・お中元とお歳暮

一生懸命に治療したら、それに対して感謝の意を表明してくれる患者と、そうでない患者とでは、知らず知らずのうちに差をつけてしまうものだ。医者も人間なのである。かかりつけの医者にお中元やお歳暮を贈ると、その患者を丁寧に診察するのだろうか?この質問に対しては、どの医者もノーと答える。しかし、それはあくまでもタテマエ。本音は、やはりイエスなのである。なお、品物を贈るよりも、商品券か図書券にした方が喜ばれることが多い。

・栄養学

医者は、高血圧の患者には塩分の少ない食事にしなさい、痛風の患者にはプリン体の少ない食事にしなさいと型通りのアドバイスをするが、逆に患者からプリン体とは何ですか?と突っ込まれると、さあ?となってしまう。病院に勤めている栄養士は、栄養学の専門家である。しかし、医師は栄養学の知識がイマイチ不足している。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

冷えや低体温が招きやすい病気や症状の予防

日本では、病気にならないための手段があまり知られていません。病気になったら医者に診てもらうのが当たり前だからです。 自分で守り変えていく意識を、持ってください。自分の体を他人任せにするのではなく、自分 …

no image

インフルの二次性の細菌性肺炎

インフルエンザに感染すると、肺炎を合併することがあります。何故、インフルエンザに感染すると、細菌性の肺炎を合併する率が高くなるのでしょうか。 季節性インフルエンザにおいては、細菌性の肺炎の合併が多く報 …

no image

ヤクザ屋さんが患者の場合に好かれる場合があるらしい

老人患者に対応できる充分な人員の確保は、人件費の問題からいって経営を圧迫することは目に見えている。高齢化社会に入って、医療に占める老人の比率が増えているのに、医療はこれに対応しきれていないのが現実だ。 …

no image

外来診療を手抜きする医者-五分診療という言葉

大病院で外来を担当する医者は、ほとんどが中堅どころで臨床経験が豊かである。医局でいえば助手や講師クラスである。五分診療という言葉があり、どうやら悪い意味で使われているらしいが、押し寄せる患者を診療時間 …

no image

大変役立つ耳鼻咽喉科の医師が利用したい求人紹介会社

耳鼻咽喉科の求人数はそれほど多くはありません。街を歩くとそこら中に耳鼻咽喉科のクリニックがあるので、医師の求人は多いように感じますが、意外にそれほど奥はありません。 耳鼻咽喉科は、他の科と比べると、ど …