雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

外国車に乗るためにはある程度の理解が必要

投稿日:2014年11月4日 更新日:

その目的や主な使い方によって、そのクルマに与えられた性格も異なる。輸入車というのは日本人とは違った感覚や文化を持った人々によって作られ、また違った道路環境や気候の下で生まれてきたものだ。輸入車に乗るために必要なのは愛だけではない。理解も必要だ。

輸入車はどんなにメジャーな車種だとしても、あくまでもその国の人々のために生まれたものだ。
日本仕様とはいってもそれをベースに多少の手直しをしたもの以上にはなっていない。国産車は確かに世界の国に受け入れられているが、国産車ほど世界各国の使い方に合わせ、細かく手を加えた上で輸出されているクルマはない。

逆に言えば、だからこそ個性的な存在たりえているということもできる。それを知らずに、国産車のように日本人にジャストフィットの性格や使い心地を求めると満足できないことも出てくる。たとえばかって、メルセデスべンツにこんな高い金を取っておきながらシートが固すぎるというクレームがついたことがあったという。

フルサイズ時代のアメリカ車には比較的柔らかいシートが多かったが、ドイツをはじめとするヨーロッパ車のシートは、今も昔も違った味つけが主流だ。つまり固いのである。固いシートは一見、座り心地が悪いようだが、椅子に座って何百年と過ごしてきた彼らの作るシートが、ただ固くて座り心地が悪いだけのものであるわけがない。ちゃんと理由がある。日本人には、今でも上等な椅子というのは居間に置いてあるソファのように柔らかいモノという感覚がある。白黒テレビの時代にアメリカのドラマに出てきた居間のイメージのせいもあるかもしれない。

車の買取査定を上げる色々なポイント

フカフカのソファは一見くつろげそうだが

アメリカ車やひと頃の国産車のようなフカフカのシートでは身体が安定せず、街の中をチマチマ走ったり、渋滞に巻き込まれたりしている分には問題はないが、何時間も同じ姿勢を保ち、緊張感を保つには適さない。フカフカのソファは一見、くつろげそうだが、姿勢が崩れた状態で何時間も座り続けると腰にもよくないのである。同じ姿勢で何時間も座り続ける、運転という行為をするには、ある程度の固さのあるシートの方が疲れないのである。

荒れた路面をゆっくりと走る時など、ゴツゴツとそのまま凸凹を伝えてくる感覚すらある。ところが、これもまた時速100キロを大幅に上回るような高速走行をしてみると、路面の変化によってクルマの姿勢が乱れることなく、ステアリングの座りもビシツとして疲れにくいことが分かるはずだ。高速走行の機会が多く、アウトバーンやアウトストラーダといった日本よりはるかに走行速度の高い道路で磨かれたヨーロッパのクルマたちは、日本的な感覚で言うと決して乗り心地は良くはない。

走りということに対する歴史と経験の差、そしてそこから来る考え方の差が端的にこういった固さを含む味つけに表れている。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

車のシートの座面の良し悪しはかなり重要

シートの座面。これが悪いと、足の血液の循環を悪くして足をうっ血させたりしびれさせたりします。車のシートの座面の良し悪しはかなり重要。 よい座面であるためには、背骨を通して体の大部分の荷重がかかる感覚的 …

no image

自動車のブレーキは摩擦力を使って自動車を止める装置

昔の自動車では、力いっばいべダルを踏んでも車輪はロックしない車はざらでしたが、今日の自動車では、第一段階の制動力は正常の車重なら第二段階の制動力に負けることがないようにかなりの余裕をもって作られていま …

no image

6速MTや5速ATが必ずしもいいとは限らない

近ごろでは5速AT・オートマチック・トランスミッション、6速MT・マニュアル・トランスミッションなどというスポーツカーや高級車も登場している。いままで5速MT、4速ATだったものが、より細かく分割され …

no image

改造車の中古車を買う際に知っておきたい注意点

ここでは買って得するよい改造車と、買ったら後悔する悪い改造車の見分け方を、改造場所ごとに解説しょう。昔は、改造車なんて絶対ダメというのが常識だった。でも最近は、そんなのへン。好みの改造なら、自分でやら …

no image

ダイハツマックスの評価-ターボモデルもラインナップしているが

ダイハツマックスは、全体的にスポーティな雰囲気で、ターボモデルもラインナップしている。ダイハツではその後02月に新たにプラットフォームを設計し直した現行ムーヴを発売、新規格の2世代目としては最初のモデ …