外貨両替所はどこが経営しているのか?

公開日: : 最終更新日:2018/09/20 雑学

外貨両替所はどこが経営しているのか?

外貨両替所はどこが経営しているのか?この疑問の答えは銀行や両替を専門に行うノンバンクである。

2003年に日本上陸以来、東京・八重洲、日比谷、TiS京都など繁華街を中心に3店舗を展開しているのは、ノンバンクのトラベレックスジャパン。よく出るのは、米ドル、ユーロの順。利用客は、これから海外旅行に出かける日本人が圧倒的に多い。LCAEのディルハム、南アフリカのランドなど珍しい通貨を含め日本最多の3通貨を扱う。3位は韓国のウォンとイギリスのポンドが同じくらい。

たとえば、JR秋葉原駅の駅ビル1階にある外貨両替所は、りそな銀行の経営。両替専門のため、預金などはできない。ニーズの多い3通貨を扱い、国内に店舗を持つ。USドルをはじめ、ユーロ、台湾ドル、韓国のウォンなどキャッシュで6通貨の販売、買い取りを行っている。同様にJR新宿駅西口の地下通路(工学院大学近く)にある外貨両替所は、三菱東京UFJ銀行の関連会社東京クレジットサービスの経営。

タイのバーツ、台湾ドル、豪ドル、インドネシアのルピアが続く

キャッシュに関しては、銀行のような両替のための書類記入をしなくても買うことができるのが特徴。以下、多い順にタイのバーツ、台湾ドル、豪ドル、インドネシアのルピアが続く。

観光地や都心の繁華街では日本円を買う外国人の姿も目立つ。もっとも、観光目的の海外旅行で小遣い程度の両替なら、身分証なしでも十分か。京都、六本木、新宿、銀座などがそのエリアで、家電の量販店が並ぶ新宿西口は中国人の方が多い、などの特徴がある。秋葉原も同様だという。

米ドルは1ドルから販売し、日本円で25万円を超える取引には身分証明書の提示が必要だ。土日も営業し、海外からの観光客が多い六本木などでは夜9時まで営業する店があるのも銀行と違う点だ。

現金な人は江戸時代にはいい人の意味だった

あなたって現金な人ねと言われたら、まずけなされていると思ったほうがいい。計算高い人や、要領のいいちゃっかりやさんを称して、現金な人というが、もともとは、悪い意味で使われていたわけではない。

江戸時代、日用品の買い物はツケ払いが一般的だった。店にとっては、品物が売れてもすぐには現金にならず、集金の手間も大変。しかも当時は、集金といっても盆、暮れの2回がふつうだったから、店の負担も相当なものだった。

そのうえ、現代と同じように、ツケが全て回収できるという保証はどこにもなく、踏み倒されることも少なくなかったにちがいない。しかし、なかには現金払いという景気のいい客もいたはずで、そんな客は商人にとって神様に見えたことであろう。商人たちは、現金をチラッとでも見せる客が来たら、その逸端に笑みを浮かべて、現金はお客さまの言うがままになった。

現金な人というのは、ここから生まれたのだ。現代はカード社会である。あるクラブの常連でいつもカードで支払いをする客がいた。その客の言葉だと、現金だとおつりをチップとしてホステスにあげることになるが、カードならそれをしなくていいということだった。こういう現金な人よりも、現金で支払う人の方が、ホステスにとっても店側にとってもいい客であることは、今も昔も変わらないようだ。

アイヌ語ヒボが琵琶湖に?

琵琶湖は滋賀県にある日本最大の淡水湖。断層陥没によってできたものだが、当初は現在の約3倍も大きかったという。琵琶湖という名称は、その形が楽器の琵琶に似ているところから、そう呼ばれるようになった、と考えるのは実に素直なことだ。ところが、これは定説ではないのだという。

琵琶湖の南西には標高848メートルの比叡山がある。快晴の日ともなれば、標高848メートルから見渡す景地は雄大で、遥か遠くまでも眺望できる。足元に広がる琵琶湖を見れば、京都寄りの南は細長く、北はぼってりとふくらんで、なるほど楽器の琵琶の形によく似ているではないか。細長い部分はネック、ふくらんだ部分は胴というわけだ。では、形から来た名称が定説でないとするなら、どんな説があるのだろうか。

かなりの昔までさかのぼる話だが、アイヌ語を語源とする説がある。大きなくぼみのことをアイヌ語でビボという。このビボが変化してビワと呼ばれるようになった。そのビワに琵琶の字を当てた、とする説である。さて、その形がまさに琵琶に似ていたのか、それともアイヌ語のビボだったのか。

スポンサーリンク

関連記事

シロクエヒマウリなど種類によっては

O型の人は蚊に刺されやすいというのは本当?

夏に気になる虫といえば蚊。 O型は蚊に刺されやすいなどといった話を聞くが 蚊は空気中の炭

記事を読む

田舎のほうはドコモの電波塔の数が多い

昼の蚊と夜の蚊は種類が違う

昼の蚊と夜の蚊は種類が違うのをご存知だろうか。 蚊はゴキブリと並ぶ夏場の嫌われもの 蚊は

記事を読む

no image

色がもつ不思議な力を紹介-赤色の力

色がもつ不思議な力。皆さんは、普段生活をしていて、色について意識されることはありますか?色がもつ不思

記事を読む

ポピュラリティは昔からのもの

七味唐辛子は何故ひょうたんの入れ物に入っているの?

七味唐辛子は何故ひょうたんの入れ物に入っているのかご存知だろうか?ヒョウタンは瓜の一種で、熟

記事を読む

給料日になるとATMから新札が出てくるって本当?

給料日のATMからは新札が出てくるのかご存知だろうか。給料日のATMからは新札が出てくるよう

記事を読む

アンネの日記は

下着のラインが透けて見えない理由は?

ひょっとして・・なのか?スカートは夏用の薄い生地なのに、下着のラインがまったく見えないことに

記事を読む

競馬で全員当たったら

競馬の枠数が8枠なのには理由がある

競馬の枠数は、競馬法施行規則では、六枠制から一〇枠制まで五種類あるが、中央競馬では八枠制が採

記事を読む

ラーメン丼のヘリの模様

ラーメンを漢字で書くとどんな字になるの?

ラーメンを漢字で書くとどんな字になるのかご存知だろうか。ラーメンは、今や言わずと知れた国民食

記事を読む

冬の寒候期予報に関しては

落石注意の標識はいったい何を注意すればいいのだろうか?

落石注意の標識はいったい何を注意すればいいのだろうか。山道などを走行していると、目にする「落

記事を読む

競馬で全員当たったら

バクは鉄や銅が大好物

バクは鉄や銅が大好物である。中国から日本に伝わった俗信には、日本の風土に合わせてアレンジされ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

小便器に氷が詰められているのは何故?

居酒屋やホテルなどの男子トイレで小便用の便器に氷がギッシリ入っ

理容院は明治維新の頃に横浜で生まれた
スケベの語源-江戸の町人、助平さんに由来

世の中には一瞬の出来ごころがもとで、一生どころか、辞書にまでそ

明治時代の1円の価値は
昔の日本語で面白いと思うオシャレでトンチのきいた言葉

昔の日本語で面白いと思うオシャレでトンチのきいた言葉がある。歴

鳩はなぜ平和の象徴とされているのか?
鳩はなぜ平和の象徴とされているのか?

鳩はなぜ平和の象徴とされているのかご存知だろうか? &n

野球のバッティングと似ていて
プロ野球でグローブで口元を隠して会話する理由や起源

プロ野球でグローブで口元を隠して会話する理由や起源をご存知だろ

女性専用車両は2001年3月に京王線に登場
バイクについている三角のマークの意味って何?

バイクの後ろに貼られている三角のマークって何かご存知だろうか。

男女のマーク-性別記号の正しい由来
男女のマーク-性別記号の正しい由来

今ではすっかりお馴染みとなった♂と♀の男女のマーク(性別記号)

no image
FXで勝てない人におすすめの教材や副業の内容が凄い

FXを独学で勉強されている方は多いかと思いますが、独学でFXを勉強して

no image
勝てないトレーダーだった私のFXの収益を10倍にした情報商材が凄い

FXでは、何人もの人たちが、毎日負けトレードを繰り返しています。 あ

no image
タバコの悪影響は肺がんや動脈硬化のリスクだけではない

タバコが人の体にとって有害であることは、多くの方が知っていると思います

→もっと見る

PAGE TOP ↑