雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

ガードナーの多重知能論に見る特性

投稿日:

知的な行動と愚かな行動の現れ方はその人物の特殊知能に左右される。偉大な理論物理学者が切れたヒューズをつなげない、最高に優秀な化学者が簡単なケーキの焼き方も理解できない、有名な将軍が自分の子どものしつけができない、ベテランの臨床心理学者が自分の結婚生活が破綻し始めても途方に暮れるばかり、といった例はたくさんある。あるチェスの名手が、学校では落第寸前の成績で日常会話も満足にできない、という有名な例がある。

同じことが犬にもいえる。総合的に利口で、ほとんどなんでも学習することができる(すなわち一般知能が高い)犬もいれば、限られた特殊な能力を示す犬もいる。多重知能人間の能力が千差万別であるところから、最終的には知能を基本的な知的能力の集合体として捉えるべきだとする研究者もいる。そこに含まれる個々の能力は、それぞれ個別の技能ないし知能次元として切り離して考えられる。

生まれつき家畜を集める能力をそなえているが

シェットランド・シープドッグやコリーは生まれつき家畜を集める能力をそなえているようだが、獲物の居所を指示したり教えたりすることはできない。イングリッシュ・セターやポインターのような狩猟犬は、ほとんど訓練を受けなくても獲物の居所を指示したり教えたりすることができるが、どんなに訓練されても家畜の群れを集める仕事は覚えられない。能力にみられるこのような差は、特殊知能のちがいにほかならない。

ハーバード大学の心理学者ハワード・ガードナーは、これらの能力を多重知能、(マルティプル・インテリジェンス)と名づけた。ガードナーによれば、知能とは特定の環境背景に対応して問題を解決し、製品を作りあげ、行動を生み出す能力である。環境背景の中には文化的・社会的状況のほか、仕事で要求されることがら、地理的・物理的・気候的条件などが含まれる。ガードナーの理論は人間の知能を解き明かすためのものであったが、その中には犬にもそなわっていると考えられる特殊能力と、そなわっているとはいいがたい能力とがあると言っている。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬の起源についてはたくさんの民話が残っている

動物は同胞ではないが、目下でもない。彼らは私たち同様、命と時間の網に捉えられた、別の国の住民なのだ。筋肉と骨格の強度のちがいが、犬はネズミより強くゴリラより弱いという事実を決定する。犬の眼球の構造が、 …

no image

キャンベルハムスターのペットとしての魅力

・キャンベルハムスターの生活 ここでは、アメリカの哺乳類関係の専門冊誌に発表されたキャンベルの生活を主に紹介します。ペットとしての歴史が古く、研究もそれなりに進んでいるゴールデンやクロハラと違い、ドワ …

no image

ハムスターの発情期っていつなの?

ここでは、ハムスターの発情の条件や周期などについて紹介していきます。 ・発情の条件 ハムは1年中繁殖できますが、真夏や真冬は避けたほうがハムのためです。ハムスターが発情するには、発情できる年齢になって …

no image

犬は主人のボディランゲージのシグナルを認識する

犬は人間が無意識に発している信号を受けとめている。人間が怒っていると、その怒りが犬に向けられたものでなくても、あるいは人間が感情を表に出すまいとしていても、犬はまるで自分がなにか悪いことをしたかのよう …

no image

ニシキへビをペットとして飼うある人

「この子たちはわたしの赤ちゃんなんです」とウォルカーは、作家のスーザン・フェントンに語った。アメリカの裁判史上もっとも奇妙きてれつな監護権訴訟で、ミシガン州ノヴィ在住のリンダ・ウォルカーは、最愛のニシ …