雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

環境問題

風力発電などのエネルギーに力を入れてほしい

投稿日:

風力発電で、愛媛県西宇和郡瀬戸町が出力一〇〇〇キロワットの風車一一基を設置しました。しかし、この計画は野鳥をはじめ、チョウ、トンボなどの昆虫を殺すおそれがあるとして、旧体野鳥の会・愛媛県支部が反対したという経緯があります。

標原町では風車を街づくりのシンボルにして、森林認証の取得や千枚田オーナー制度などの環境施策を複合的に展開しているようです。作られる電気は、年間三八〇万キロワットと予想されています。この電気量は構原町の一般家庭で使用される電気に置き換えてみると、一〇五六戸分にもなります。

千葉県の飯岡から銚子にかけては、風況調査により、年間を通じて風が強く、関東では有力な風力発電地区であることがわかってきました。その飯岡に、「飯岡ウィンドファーム」があります。これは二〇〇三年で関東地方で最大規模の風車群。出力八五〇キロワットの風車を五基備え、年間の総発電量は九三万キロワットです。

いろいろなシステムを組み合わせて

私たちは、いくら単価が高くても、いろいろなシステムを組み合わせて、石油や原子力による発電から脱却しなければなりません。後世のために私たちはきれいな地球を残し、彼らがエネルギーに困らないように考えなければなりません。一年後のことなど知らないよ、という考えかただけはやめたいものです。

環境問題とは、単にエネルギー問題やCO2の増加の問題ではありません。環境中に排出される化学物質の問題、生態系の物質循環の破壊の問題、土壌の破壊の問題、水循環の破壊の問題、これらすべてが環境問題なのです。そして、これらのほとんどが社会の工業規模が大きくなりすぎたことによって
起こっているのです。

里山で取れる木や家畜の敷き、龍物などを燃やすバイオマスも有望なエネルギー源です。そのためには、里山に木を植えなければなりません。これは自然と手を結んだ、循環型の優しい方法だと思われませんか?燃やしてエネルギーを得るに足るだけのバイオマスを得るためには、生態系を今よりずっと豊かに保っておく必要がありますから、うまくすれば一石二鳥です。

-環境問題

執筆者:

関連記事

no image

プラザ合意後の円高の影響で輸入食料品の競争力が強くなる

「プラザ合意」の基本的な目的は、アメリカのレーガン政権の経済政策の失敗を先進国の政策協調という名目の通貨協議で救うことにありました。「プラザ合意」後、激しい円高が進行しました。この円高の進行と関税率の …

no image

日本は自給率が低いままでいいのか

水産物は、エビの世界全体量の三分の一を日本が輸入しています。驚くべき数字だと思われませんか?ジョン・ハンフリース著『狂食の時代』に次のような記述があります。野生のサケは美しい生き物だ。体表は銀色にかが …

no image

地球が誕生して

漢字辞典によると「壌」という文字は、やわらかくて豊かに肥えた土のことを表しているとのことです。土壌は地球が誕生したときからあったものなのでしょうか。そうではないの地球ができたと推定されている四五億年前 …

no image

環境経営を徹底しファンドに組み入れられれば

エコファンドが人気を呼べば呼ぶほど、ファンドに組み入れられるかどうかは、企業の市場価値に大きな影響を与えます。環境経営を徹底し、ファンドに組み入れられれば、環境に配慮している企業として世間の評価が高ま …

no image

なぜ認識共同体のような組織が必要になってきたのか

せっかくすばらしい政策上のアイデアが生まれても、それを実現させるルートを持たず、仲間内だけの議論で終わってしまうケースがほとんどでした。その点でいえば、認識共同体は、政策との接点を持たない従来の研究者 …