フタバスズキリュウという恐竜は日本の高校生が見つけた

公開日: : 最終更新日:2017/08/16 雑学

恐竜の時代といわれた中生代、日本列島にも恐竜がいた。それが最初にわかったのは、一九六八年のフタバスズキリュウの発見である。フタバスズキリュウを発見したのは、なんと化石マニアの高校生だった。当時、高校二年だった鈴木直さんが、福島県いわき市大久町の大久川左岸で化石の採集をしていた時に見つけたのである。

化石探しは岩をハンマーで割っておこなう。割ってみないことには、化石が入っているかどうかわからないことが多い。彼が川のなかにあった大きな岩を割りはじめると、筋のようなものがみえた。

最初、それをシダのような植物の化石ではないかとおもったが、割ってビックリ。首長竜の化石だったのである。しかも幸運なことに、化石は頸椎と尾椎をのぞいて、主な骨格はすべて残されていた。これは世界的な大発見だったのである。

このあたり一帯はかつては大陸の一部だったが、中生代白亜紀後期の約八千万年前、海水が入りこんで遠浅の海になった。その頃、堆積した地層は、古い順から足沢層、笠松層、玉山層と呼ばれているが、フタバスズキリュウの化石がみつかったのは、このうちの玉山層である。フタバスズキリュウは、学名をウェルジオサウルス・スズキイという。

厳密には、フタバスズキリュウなどの首長竜の仲間は、恐竜と同じ時代に生きた大型海生爬虫類であり、恐竜とは別とされている。一般的には首長竜は、恐竜と呼ばれるので、フタバスズキリュウを恐竜と呼んでも差し支えないだろう。

フタバスズキリュウは身体から横方向にヒレ状の脚が出ているため、恐竜とは別とされているよう。

発見された頭骨は目と鼻の間隔が他の首長竜より離れており、新種の首長竜であることが判明しました。

首長竜には、エラスモサウルスやフタバサウルス(フタバスズキリュウ)といった首の長い種類から、クロノサウルスのように首の短い種類まで姿は多種多様でした。

ステゴザウルスの背の盾板

図鑑などでみると、恐竜の一種であるステゴザウルスは、背中に盾板が並んでいる。この盾板、いったいなんの役に立つのかと思ったら、体温を調節するためのラジェーターだったという説がある。暑いときには盾板を日陰で風にあて、内部を循環する血液を冷やす。寒い時には逆に、盾板を日光にあてて、血液を温めたのではないかというのである。

ステゴザウルスに限らず、恐竜には背中に背ビレなどの大きな突起があるものがいる。それらはとくに、前期白亜紀の終わりから後期白亜紀のはじめにかけて、よく見られるようになった。中生代の気候は、ジュラ紀には高温多湿だったのが、白亜紀にはいると乾燥しはじめ、前期白亜紀の終わりから後期白亜紀のはじめにかけて、地球上の多くの地域が乾燥気候となった。すると湖沼などの数も減少するので、恐竜たちはひんぱんに水で体を冷やすということができなくなった。そこで脊椎の突起を長くのばし、これに帆をはったり、盾板に発達させたりして、体温調節をする恐竜が現れたのではないかと言われている。

植物がずっと直立していられる理由

動物では、日常的に長時間まっすぐ立っていられるのは人間ぐらいのもの。その人間でさえ、ずっと立ちっぱなしでは足が疲れてくる。だが草や木は、アサガオのようなツルをつくる植物を例外として、多くはずっと直立したままだ。陸上の動物では考えられないほど背の高い樹木も、手でかんたんにへし折れる柔らかい草も、ずっと直立しつづけている。

どうして植物は立っていることができるのだろうか。植物の細胞は、まわりを細胞壁で覆われていて、この細胞壁で細胞の形を整えて細胞を積み上げ、直立の姿勢を保っているのだ。人間のように背骨はなく、細胞だけで自分自身を支えなければならないので、一つ一つの細胞は構造的に頑丈だ。

植物の細胞は、内部に水分が詰めこまれて膨らんでおり、そのため外部から圧力を加えられても押し返すことができる。また、植物は細胞の数を増やすばかりでなく、細胞を水で膨らませ、大きくすることによっても背丈をのばすことができる。ただ、もしもまっすぐに立たずに傾いていると、自分の重さでどんどん傾き、倒れてしまう。だがまっすぐ立っていれば、重心が安定するので倒れずにすむ。それに、草の茎は中空になっているものがよくあるが、断面積が同じなら中空のほうが折れにくいのである。

紅葉が起こる理由

秋になると、カエデやナナカマドなどは美しく紅葉する。この紅葉は一体どうして起こるのだろうか。落葉樹は秋になると葉が落ちるが、いきなり葉を切り落とすと、切り口に生じた傷口から細菌が入りこんでしまう。そこで葉のつけ根に、離層という細胞の層をつくって、葉を切り離す準備をしてから葉を落とすのだ。

この離層ができると、葉で合成されたデンプンが茎に移動しなくなり、葉にたまって糖に分解される。同時にクロロフイルも老化していき、アミノ酸に分解される。カエデなどの紅葉する植物は、この糖とアミノ酸からアントシアニンという色素が合成される。アントシアニンは、チューリップなどの赤い花に含まれている色素の仲間で、これによって葉が赤く染まるのである。

また、葉が茶色になる植物は、アントシアニンの代わりに茶色の色素を作る。葉が黄色になる植物は、新たに色素はつくらない。黄色は、もとから持っていたカロチノイドという色素の色で、ふだんは葉緑素の緑が強いために目立たない縄葉緑素が分解されて減ると、それまで目立たなかったカロチノイドが表面にでて、葉が黄色くなるのである。

スポンサーリンク

ダブルプレミアムのレビューは?

STLASSH脱毛の料金は?

イエコマの評判や評価、口コミは?

住宅ローン借り換えセンターの評判は?

関連記事

no image

世界遺産っていったい誰が決めるの?

私達が住む世界には、人類が地球に残した偉大な文明の証明とも言えるような壮麗な遺跡や、文化的価値の高い

記事を読む

no image

警察の巡査部長はどのくらいの偉さなの?

部長といえば、サラリーマンなら、いちおうの出世の到達点といわれる。ところが、この部長がやたらに多いの

記事を読む

no image

相撲の力士の金星は一ついくら?

~相撲の力士の金星は一ついくら?~ 大相撲の魅力と言えば、何と言っても小さな力士か大きい力士を

記事を読む

no image

落石注意の標識はいったい何を注意すればいいのだろうか?

山道などを走行していると、目にする「落石注意」の黄色い標識。しかし、落石を避けながら運転するのは容易

記事を読む

no image

冷やし中華にマヨネーズが付いている地域がある

酸味の効いた爽やかな味と野菜のハーモニーが、口の中に涼しさを運んでくれる冷やし中華。 どこでい

記事を読む

no image

奈良漬の名前の由来-高級役人などにも支給されていた

粕漬けの歴史は古い。奈良時代前期の左大臣・長屋王の邸宅跡から出土した木簡に、加須津毛瓜の送り状の記録

記事を読む

no image

関西はなぜ薄味なのか?その理由は戦国時代にさかのぼる

一般に日本料理は、関西は薄口醤油を使った薄味、関東は濃口警油を使った濃味といわれるが、これはどうして

記事を読む

no image

バイクについている三角のマークの意味って何?

・バイクの後ろに貼られている三角のマークって何? すべてのバイクについているわけではないのだが

記事を読む

no image

九十九里浜ってほんとうに九九里あるの?

九十九里浜といえばたくさんの海水浴場や海の家、旅館やホテルからも水平線の向こうまで海を眺められるスポ

記事を読む

no image

天衣無縫な天女の衣に縫い目がないと言われる

のびやかで飾気のない人柄を指して、天衣無縫というが、実際には、周りのことに気を配らず、言いたいことを

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

豚に真珠は聖書の言葉だった
豚に真珠は聖書の言葉だった

「猫に小判」と並べてよく使用される「豚に真珠」という「ことわざ

関東と関西ではなぜ味付けが違う?
関東と関西ではなぜ味付けが違う?

食べ物の味付けは地方によって違う。とくに関東と関西では、一般に

自分の声を録音して聞くと変に聞こえるのは何故?

私達は普段自分で喋っているときの声を何気なく聞いており、それを

美容院でシャンプーするときに仰向けで行う理由
美容院でシャンプーするときに仰向けで行う理由

欧米では、理容院でもあおむけの形式が多いらしい。ちなみに、この

首都高速の料金がタダにならない理由
首都高速の料金がタダにならない理由

そういえば高速道路っていつタダになるんだっけ?と思った人がいる

ブラックホールの正体-光すら逃げだせない
ブラックホールの正体-光すら逃げだせない

光すら逃げだせないブラックホールとはどんなものなのでしょうか。

指の関節がポキポキと鳴る理由
指の関節がポキポキと鳴る理由

手の指を引っ張ったり、折り曲げて押したりすると関節がポキッと鳴

ベートーベンは耳が聞こえないのにどうやって作曲をしたのか?
ベートーベンは耳が聞こえないのにどうやって作曲をしたのか?

知らない人がいないほどの大音楽家べートーベンだが、耳が聴こえな

no image
5kg痩せるダイエットを短期的に成功するには?

あなたは痩せたいけどなかなかうまくいかないかもしれません。たった5キロ

→もっと見る

PAGE TOP ↑