雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

襖は使われている下地材により種類が分けられる

投稿日:

ふすまは、使われている下地材によって種類が分けられています。俗に本ぶすまと呼ばれているものは、昔からの構造で作られており、現在でも代表的なふすまです。

ぜひ覚えてほしいのが、ふすまの張替え。張り方のこつさえ覚えれば、そう難しいことではありません。気楽にトライしてみましょう。ふすまの張替は、自分でやるとうまくいかないのではないかと思うかもしれませんが、案外、自分でも簡単にできてしまうのです。

ふすまは、ふすま絵などにも見られるように、日本住宅の中に芸術を取り入れながらも実用的な、優れた建具です。現在でも書道家はふすまに筆をふるったり、エ芸家は切りばりをしてみたりと、張替えの汎用性をおおいに生かしています。

ふすまが破れただけでなく、折れてしまった場合は、下張りもはがして補修します。折れ目を木工用接着剤でつなぎ、当て木をして糸で縛ります。下張りに厚紙をはさんで補強し、ふすま紙を湿らせ、ふすま用ののりで張ります。

他に一般家庭で多く使われているのは、戸ぶすまやダンぶすまというもので、戸ぶすまは張替えがききますが、ダンぶすまは段ボールを素材に使っていますので、張り替えても反りがでてしまいます。張り替えるときは、何の素材でできているか、上からさわってみて骨があるかどうか、確かめてから取りかかりましょう。

ドアの錠前は大きく分けて3つの種類

ドアの錠前は、大きく分けると3つの種類があります。ドアノブの上にかぎ穴のある箱錠という種類はトラブルも少なく構造も複雑です。シリンダー円筒錠をインテグラル錠に交換したいときは、アダプタープレートを使って交換することができます。交換したい錠をはずしてホームセンターなどに持っていき、相談しましょう。シリンダー円筒錠を交換する場合は、バドアの厚さ、AとBが同じものを選びます。

ー般の人が交換できるのは、シリンダー円筒錠とインテグラル錠です。シリンダー円筒錠は家の中などによく使われている機種で、インテグラル錠は防犯効果も高いので、玄関や勝手口によく使われています。同じ機種なら交換も簡単です。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

古い家具も手入れ次第できれいにもどる

古い家具も手入れ次第できれいにもどすことはできます。 使い込んで愛着のある家具を傷つけてしまったり、椅子がギシギシきしむようになって、なんとかしなくちゃと思いながらそのままにしていませんか。骨董屋の家 …

no image

自分でテレビを塗ってみる

今じゃ黒とシルバー以外は存在しないし、薄型液晶なんて画面が肥大して、本体カラーは額縁以下だ。デザインの素敵な輸入家電を扱う店も増えたがテレビばかりは、海外のものを簡単に扱うのはちょっと難しいらしい。と …

no image

ゆで卵の茹で汁を冷まして植木にかけると元気になる

・ゆで卵の汁は冷まして植木にかける ジャーッと流しに捨ててしまう人もいれば、とっておいてあとで食器洗いに使うというしっかり屋さんもいる。朝食にゆで卵を作る家庭では、そのゆで汁をどうしているだろう?この …

no image

自転車のさび落としに使えるある驚きのアイテムとは!?

・自転車のさびを落とす意外なもの 日頃から汚れをこまめに取り、濡れたらそのつど水分をふき取るなど、至れり尽くせりのメンテナンスをしないと、いつの間にかさびだらけの自転車になる。大事に乗っているつもりで …

no image

記事の切り抜きだけで満足してはダメ

・記事を切り抜いただけで満足してはダメ スクラップは一度貼り込んでしまったら、後でいらないからといってそこだけはがすわけにもいかない。スクラップにする場合、新聞各紙がそれを報じるのでいくつも同じ内容の …