雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

こういうときにはこういうふうに振る舞うべきなんだ

投稿日:

小さいときからかなり厳しいしつけを受けている。一つ一つ親の言うことに従って、厳しい決まりの中で彼女は育てられた。彼女がまず身につけたのは、このときはこうすべきだ、あのときはこうすべきだという決まりに従って暮らすことだった。その「こうすべき」は大体お母さんが決める。

みんなが思うほど一人一人の人とは親密にならない。パフォーマンスがあまりにも巧みで、称賛や評価が高すぎると、表面的な人間関係はたくさんできても、本当に親身な、親しい人間関係にならない。

なぜならば、「こういうときにはこういうふうに振る舞うべきなんだ」というあるシナリオが彼女の中にあって、そのシナリオどおりにそのときそのとき優等生のように演じたり、振る舞ったりするのだが、親しくつき合う人々から見ると、あまりにもそれが巧みなので、どこまでが彼女自身の本心から出ているものなのか、演技によるものなのか、いま一つしっくりしないからだ。

彼女があまりうまくやり過ぎると、みんなの心の中にひそかなやっかみやねたみが起こって、またやってる、というしらけた気持ちになる。学校に行けば、先生がこうしてほしいというその気持ちを実行する優秀な生徒になった。

その他大勢の立場に置かれると

その場でスターになってみんなから喝采を浴びるような立場にいれば、とてもいい面が出るのだが、自分がみんなの関心の中心でない、その他大勢の立場に置かれると、なんとなく精彩がなくなり、機嫌も悪くなる。

彼女の心はいつも相手に向いているのではなくて、自分にシナリオを提供してくれるマスメディア、あるいは世の中ー実はそれはお母さんそのものなのだーなので、相手になる人々にしてみると、どこか本当に人間味のある関係が持てないという微妙な違和感が残る。

クラブでも一番いい生徒だった。ところが、思春期になって親離れ、先生離れしたときからは、彼女に演技するシナリオを供給してくれるのは、雑誌やテレビになった。お母さんの言うとおりによい子ちゃんをやっていたのと同じように、彼女は、世の中が送り込んでくる最新流行のシナリオを、今度は一つ一つ実行していくことが生きがいになったのだった。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

ドーパミンの分泌による幸せな効果

彼女の性的願望と性的機能に突然変化が訪れたのは、彼女が毎日服用していたドーパミンの分泌をうながす薬が、結果としてテストステロンの分泌量も高めたからではないだろうか。目新しい体験は、脳内のドーパミン分泌 …

no image

原始的な人間の言語が徐々に発展していくと

わたしは、動物磁力の脳内回路が人間なりのかたち、つまりは恋愛のための脳内回路へと発達したのは、人類進化のこの時期ではないかと思っている。そう提案するのには、いくつか関連した理由がある。 原始的な人間の …

no image

私が今、ここに在るということだけでよかった

最初、私は自分を知りたいという気持で出発したのに予想もしいな方向へきていた。しかしそのチラリと姿をみせるものをとらえたいと思った。それはすぐにもとらえられそうでとらえられず、もどかしい日を何日か過ごし …

no image

微妙な人間関係や心と心の情緒の世界で

ある人の話。かつての親友なので、自分から出かけていって、彼の更生に何とか自分が役に立とうとなにくれとなく世話をした。相手も感謝してくれていると思っていた。そんなつき合いの中で、自分の家に遊びに来てもら …

no image

人間は脳の部位を使って言葉をかたちづくり言語の音を生みだしている

一八万年ほど昔に現在のケニアの悪地クービフォラに住んでいたあるホモ・ハビリスの脳の容積は、七七五立方センチメートルほどもあった。彼の友人や隣人たちの平均的な頭蓋容量は、約六三立方センチメートルだ。 狩 …