雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

古着屋で買い物をするのはカッコいいことだが

投稿日:

ファッション・ヴィクティムの世界では、古着屋で買い物をするのはカッコいいことだ。ただし、実際に生活保護を受けていて、服を全部そういう店で買わなければならない場合は別だけれど。二〇〇〇年のはじめには、ドレス・ダウンの傾向をジョン・ガリアーノが一歩前進させた。彼は、ホームレス・シックと銘打ったクリスチャン・デイオールのクチュール・ショーに、破れた布を紐で繋ぎ合わせた服を纏い、台所用品とお酒のミニチュア・ボトルをぶら下げたモデルたちを送り出し、パリのファッション・ピープルを駆然とさせたのだ。

今日では、服が古いということをほのめかすだけでも事足りてしまう。GAPとアバークロンビー&フィッチは、ヴィンテージという言葉をちょいと拝借して、工場から出てきたばかりのシャツやジーンズに使い、クラシックなスタイルをほのめかす作戦に出た。近年では、ヴィンテージや古着を活かす、イミテーション・オプ・クライストといったデザイナー集団などがヒップな存在だ。

かすれた文字でGAPヴィンテージと書かれている

筋金入りのファッショニスタの中には古着しか買わないと言い張る人もいるが、そういう場合は、何から何まで地元の古着屋で、それも投げ売りの商品で済ませるわけではないのが普通である。かすれた文字でGAPヴィンテージと書かれているけれど、れっきとした新品のばりっとしたTシャツそんなものに本当に騙されると思っているのだろうか?近年、H&M、ターゲット、日本のユニクロ、スペインのマンゴなどといったチープ・シックストアが安売りのトレンドを作り、かなりの収益を上げてきた。

真のファッショニスタの名に相応しい人は、ワードローブをこうした店の品だけで揃えることはなくあくまでも相対的な意味でチープなチープ・シックを楽しんでいる。今日では、お値打ち感を味わうのも楽しいことだ。モスキーノの低価格ライン、モスキーノ・チープ&シックの価格帯など、大抵の買い物客にとっては安いどころの話ではない。ヒョウ柄コートとスカーフの小売価格が一三四〇ドル、ペタル・トリム・セーターが六一五ドル。全く、大した質素さである。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

デートの待ち合わせに遅刻するのが当たり前なパリジェンヌ

統計によると、フランス人は待ち合わせの時間に二五分以内の遅刻だったら、大半の人は多めに見てくれるそうだ。 もし、あなたがデートの約束の場所に先につき、彼を待っていたとしょう。何分以内だったら怒らずにニ …

no image

プロトコールマナーをわきまえたフランス人たち

上品なおしゃれの極意もオケージョンやプロトコールをわきまえることだと思う。着こなしで、その人の品性や知性まであらわれることが往々にしてあるのだから。プロトコールとは、平たく言えばものごとがスムーズに運 …

no image

ミンクを逃がし、不法侵入と損壊

きっとスイート・コーンや黄金に輝く麦がたわわに実るだろうと思われるエパーツ農場。近隣の農家と違って、ここで生産されているのはこうした美味しい作物ではなかった。ゴールデン・エーカーズの一角にあるこの農場 …

no image

シルクのスカーフの意外なオシャレ効果

・とっておきのシルク・スカーフとは シルクのスカーフは、コートの内側、スーツの上、ジャケットの下、スェーターの内側にと、とにかく一枚あると、なにかと重宝することはご存じの通りです。こんな万能選手を活用 …

no image

ブレザーの黒を着こなしてみる

・黒のブレザーを着てみる 俗に紺ブレという言葉があるくらいで、ブレザーは紺と決まっているところがあります。紺以外のブレザーを着たことがありますか?着こなし範囲の広さから考えても、ネイビー・ブレザーに人 …