雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

フロッピーディスクのケースは保管してもムダ

投稿日:

・フロッピーのケースは保管してもムダ

紙の書類で文書を残していた時代にくらべれば、究極のコンパクト化といえるが、それでも、ディスクの厚さは3ミリはあった。昔は、パソコンのデータファイルは、3・5インチのフロッピーディスクに残されることが多かった。しかも一枚ずつケースに収めれば、この厚みが8ミリになる。コンパクトに保存できることがなによりのメリットのディスクには、余分なスペースをとるケースは、はっきりいってムダなだけだ。

それに、ディスクの大事な部分は金具のカバーで保護されていることを考えると、ケースで保管しなくてもかまわない。本体を覆っているプラスチック・ケースもかなり丈夫だから、ふつうの扱いなら心配は無用。裸のまま、仕事の種類単位でほかのものと保管してOKだ。保管をさらにコンパクトにしたい人は、ケースは迷わず捨ててしまおう。

ライフスタイルを見極めれば

不快の原因は多すぎるモノ片づけや収納に悩まない、快適な暮らしがしたい!これは、だれもが願っていること。しかし、なぜか暮らしは快適になっていかない。理由は、モノが多すぎるから。モノが多すぎると、探し物の手間ばかりかかる。身の回りをスッキリさせるには、ただやみくもに片づけたってダメ。まずは自分が望む、いまとこれからの暮らしの形をみつけよう。ライフスタイルを見極めれば快適暮らしが見えてくる。

・保存端末一枚にどれだけ情報を入れるか

保存端末の価格が高いならそれもわかるが、ただもったいないからという理由であれもこれもごちゃまぜにして詰め込むのはナンセンス。同じ容量なら詰め込まなきゃ損、とばかりに、一枚の保存端末にいろいろな文書を書きこむ人がいる。何が入っているかラベルに書いておけばいいじゃないか、といっても、いちいちラベルの細かい字を読んでいたのでは時間もかかる。それよりも、必要なときに欲しい情報がすぐに取り出せるように、一枚の保存端末には一つの案件だけにとどめておいたほうが、よほど効率がいい。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

部屋の角のデッドスペースを有効活用するテクニック

・角のデッドスペースを有効活用 マンションなどでは、部屋の中に鉄骨の出っばりが多い。そのために、角に中途半端なスペースが余ってしまう。家具を置くにも狭すぎるようなこんなスペースは、コーナーシェルフで有 …

no image

ベルトのすっきり収納方法

まとめて収納しなければならない。ベルト一本一本はかさばらないから、収納に困ることはないだろう。しかし、これが4本、5本となると、一本ずつ収納していたのではいざ使うときに、目当てのものが見つからなくなる …

no image

ポリ容器をガーデニンググッズに変身させる方法

・ポリ容器をガーデニンググッズに ポリ容器は大きいうえに、取っ手がついているので、工夫すればなにかと便利に使える。サラダ油などが入ったポリエチレンの容器。たとえば、中をよく洗って乾かしてから底のほうを …

no image

使わないバス用品をおしゃれにディスプレイ

・使わないバス用品はディスプレイに 使っていないバス用品がいくつかあるのなら、バスルームにディスプレイして楽しんでみては?かわいいボディブラシをもらったけれども、硬すぎて体に合わないし、捨てるのはもっ …

no image

子ども部屋の家具はいっペんに揃えないほうがいい理由

・子ども部屋の家具はいっペんに揃えない 子どもはどんどん成長するし、好みもどんなふうに変化するかわからない。子ども部屋を用意するとなると、タンス、本棚、机といっペんにあれこれ揃えたくなるものだが、遊び …