雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

フレンチコネクションなどの店舗がすばやい回転ペースをめざすか

投稿日:

ファッション・ヴィクティムの場合、今も買い物の過程そのものを楽しいと感じるようなところがある。店内を見て回って、服を試着したり、生地を触ってみたりして楽しむわけである。ショッピングの科学の著者、パコ・アンダーヒルによれば、私たちの買うものの六〇〜七〇%程度は、もともと買う気のなかったものだという。なぜこの店で買ってしまうのか。

彼らは気づき始めたのだ。消費者は、ローファー足にしても、横から、正面から、拡大して、モデル着用で、さまざまな色のバリエーションで、というように色々な見方をしたいのかもしれないし、ウェブ上の他のアイテムとコーディネートしてみたいのかもしれない、と。ブルーフライやガールショップ、パープル・スカートといったネット上のショップ、また、実在する店のウェブサイトでさえ、ぶらぶら見て回るというショッピングの楽しみを残している。

そんなわけで、過去に六〇秒でお出しできなければ代金はいただきませんという実験を行ったマクドナルドの店舗もあったけれど、果たしてフレンチ・コネクションやべネトンがそこまですばやい回転ペースをめざすかどうかはいささか疑問である。

超がつくファッション音痴でも

超がつくファッション音痴でも、バナナ・リパブリックに行けば社会的に受け入れられる服装ができる。
春物のサンセット・コーラルのトゥイルのパンツなら、ヘブルー・マーリンのノースリープ・ポロもバッチリ決まる。グレーのフラット・フロントのドレス・パンツには、ニンジン色の長袖Vネックか、パープルのカシミア・セーターがおすすめ。

秋だったら、オリーブ色のコーデュロイのスラックスが相手を選ばぬ万能選手。洗いざらしのバーガンディのタートルネック、赤褐色のボタンダウン、チョコレート色をしたベルベットのツーボタン・ブレザーなど、何でも来いだ。バナナ・リパブリックのアイテムどうしで、どうしても合わないという組み合わせを見つけるのは至難の技だろう。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ハイヒールを履きこなすことができれば上モノはもうこわくない

ドレスもジャケットも、身にまとえば自然に肩に引っかかる布だから、重力の法則にしたがって自然にたれさがってくれる。ところが、靴は自分の全体重をのせ、なおかつかかとで地面をけって前に進むという、複雑でハー …

no image

ブルガリのアンティークコインネックレスを買った女性

いくつかあるジュエリーの中で、特別な存在なのが、ブルガリのアンティークコインを使ったネックレス。これは、四十歳の誕生日に日本の本店で買ったものです。私にとってのジュエリーは、自分を託すお守りのようなも …

no image

シャツの色で印象が大きく変わる-注意したいポイントは?

いまのシャツはほとんどがストレッチの入ったものなので、いまさら言う必要もないかもしれませんが、コットンストレッチで、ほどよく身体のラインにフィットするシルエットのものが、全身をきれいに見せてくれます。 …

no image

カーディガンの着こなしの秘密を公開

・カーディガンの着こなし カーディガンを新しく買ったときは、最初にパジャマの上から羽織ってみることをおすすめします。これでそのカーディガンと仲良しになれるはずです。次に、シャツにタイを結んで、あたかも …

no image

ポロシャツは自分の好きな大胆な色を着ることがおすすめ

・マイ・ポロシャツを持つ たしかに現在のポロシャツの原型がポロ競技にあったことは間違いありません。でも今のように広く一般化したきっかけは、テニスからであったのです。ポロシャツはその名前の通り、馬に乗っ …