雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

フランスの若者と日本の若者の違い

投稿日:

彼女が心底感心したまなざしで、こう言った。典型的ブルジョワ家庭に育ったマダムMと東京の原宿を歩いていたときだった。これだけそろってストリートウエアの軍団に出くわすと壮観だわ。日本の若者ってすごいわね。日本にはヨーロッパで失われたマグマのようなダイナミズムが脈々と生きているわね。

せっかく親から、いや神様からもらった黒髪をほとんど全員が茶髪か金髪にそめ、服におこづかいをはたき、携帯電話にかじりついている、ということはこれらの若者たちがたしかに体制や社会に反抗しているのだ、と。彼女には原宿の光景がこう映ったのだ。

せいぜいタレントの真似か、雑誌のクリッピングを追いかけているにすぎない、という講釈を長々とマダムMに聞かせ、最後に日本のお先はあまり明るくないですよと付け加えると、彼女の目はまん丸になっていた。実際の日本の若者たちは、子どものころからルーズフィットのカジュアルウエアに身を包み、砂糖よりスイートな親や祖父母に甘やかされるだけ甘やかされて、いい子に育ったものだから、社会に反抗するなどという気骨はさらさらもちあわせていない。

当然自分で服装を選ぶようになる

フランスでは、テイーンエージャー(中学生と高校生)ともなると当然自分で服装を選ぶようになる。親に対する第二反抗期のはじまり。彼女たちから小学生のころの清楚さは消え失せ、ジーンズとTシャツの時代に突入する。気どったお嬢様スタイルなんてダサい。要は親がいやがる格好がカッコいい、ということなのだ。

パリの少女たちは幼少期、きちっとしたウールのワンピースに身を包み、ひも靴で足をしめつけられ厳しくしつけられる。するとティーンエージャーになり、ある度親からはなれると、突然親や社会に対するアンチテーゼ探しに一路適進するこなる。さらに雨が降っても若きパリジェンヌたちが傘をさしているところを見たことがない。どうやら傘はオバン(ママ)が使う道具と見なされているようだ。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

アパレルチェーン店の時間のかからないファッションのすばやさ

初めて行ったレストランでは、メニューを見るだけで数分はかかる。本日のおすすめ、聞き慣れない名前の前菜、興味を惹かれるメインやデザート。だが、マクドナルドならメニューはもうわかっている。時間のかからない …

no image

ネクタイ結び方で応用範囲の広い方法

もっとも応用範囲が広いネクタイの結び方には、どのようなものがあるでしょうか?プレーン・ノット(フォア・イン・ハンドとも言います)では結び目が細すぎ、逆にウインザー・ノットでは大きくなりすぎる。そんな場 …

no image

ブラジャーの圧迫と病気との関係

子宮の内側を覆っている内膜組織とよく似た細胞が、など子宮以外のさまざまな場所に、小さな良性の病変をつくるのである。こうした病変は実際の子宮内膜と用し、月経周期に反応して剥がれ落ちようとするのだが、行き …

no image

パリのファッションといえば黒というのは誤解

・色づかいは風景を考えて パリのよそおいといえば、黒と思っている日本人が少なくないだろう。ヴィクトワール広場からエチエンヌマルセル通り、またはマレー地区(どちらもデザイナークローズの店が軒をつらねる) …

no image

靴の色選びのポイント-そろえるとやりすぎになるのでご注意

赤い靴はじつに多様な色の服と合わせることができるものだ。濃紺、黒、こげ茶、白、なんでも合う。チャコールグレーのスーツに黒いバッグ。このウルトラコンサバスタイルに赤い靴を合わせれば、オフィスから直接夜の …