雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

フランスは一月と六月の時期にいっせいにバーゲンセールに突入する

投稿日:

フランスで生きていくには、何はおいてもケチにならざるを得ない。電気のスイッチは小まめに消す。タクシーはがまんしてバスや地下鉄、あるいはローラースケートや自転車で移動する。失業率がずっと一〇パーセント以上で推移しているフランス。とくに物価高と世界最高水準の税金の重圧に悩まされているパリジェンヌのおしゃれは容易ではない。

まずはバーゲンセールへようこそ。公にはせーの!とばかりに、一月と六月の初旬にいっせいにバーゲンセールに突入する。カウントダウンの後、怒溝のつかみどり開始は毎年の恒例。この日は仕事を休んで早朝から列をつくるつわものがギャラリー・ラファイエットやプランタンの入り口の前を陣どる。

セール時期、フォーブルサントノーレ通り一四番地の裏には毎年長い列がつくられるが、もっともエレガントなメゾンのひとつに入るのに、われさきにじいかにも品質のいいイギリス風ジャケットに身を包んだマダムたちは、フィガロ(新聞)や単行本などに目を通しながら静かに扉が開くのをお待ちになる。

ささやきセールはこっそりと

販売員がそっと顧客に耳打ちするささやきセールはこっそりおこなわれている。日本と違ってパリのバーゲンセールは、パリ市が決めた日時に正確に二週間おこなわれる。ぬけがけが見つかれば、パリ市から罰金を徴収されるので、SOLDESの札はその日まで出せない。

でも、エルメスのそれは違う。エルメスは日本の百貨店の特典セールだって除外されているくらいだから、ほかのメゾンとはいつも別行動をとる。ほかとはまったく別の一二月や九月に突如としてセールをもよおす。

ある年のエルメスで、セールのオープンを待っていたときのこと。背後から甲高い声であーらまあ、マダム、こんなところでお目にかかるなんて、ホホホと言うが早いか、季節はずれの毛皮をまとった金髪日焼けマダムが、突然一五メートルほど列を無視し前進してきた。ほどなくして、また、あらまあ、驚き!マダムもいらしてたの。ご主人はお元気?と、さらに一〇メートルも突進。常習犯に違いない。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

マーケティング力の持つ意味-必ずしも最高の製品が勝つとは限らない

ファッションは一種の集団行動だと、広告、流行、消費者文化の著者であるアーサー・エイサ・バーガーが言う。人々がある種のブランド商品を買う時、その商品は、その人が自分をどう考えているかや、広告が作り出す幻 …

no image

資金を注ぎ込んで新戦略を練るショッピング業界

小売業者は、消費者がみなせっかちであること、それゆえ、店内の混乱が貴重なお金を遠ざけてしまいかねないことを心得ている。そのため、消費者に長くとどまってもらい、より多くのお金を落としてもらえるよう、何百 …

no image

古着屋で買い物をするのはカッコいいことだが

ファッション・ヴィクティムの世界では、古着屋で買い物をするのはカッコいいことだ。ただし、実際に生活保護を受けていて、服を全部そういう店で買わなければならない場合は別だけれど。二〇〇〇年のはじめには、ド …

no image

毛皮業界の状況を総括するのが難しい

ラルフ・ローレンのコヨーテの帽子。オスカー・デ・ラ・レンタのフォックスのショート・ジャケット。フェンディのシアード・ミンク・コート。一九九九年には、『ヴォーグ』イギリス版のアレクサンドラ・シュルマンが …

no image

セクシーな女性の広告は間違いなく男性の目を奪うが

セクシーな女性の広告は間違いなく男性の目を奪う。素晴らしいマーケティング戦略だよ。セクシー路線で行けば、商品は売れまくると言うのは、ファッション・ディレクターだ。不思議なことに、今日、服を売るためには …