雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

フランスパリのデートの日のファッション

投稿日:

・デートの日のポイント

パリジェンヌもデートのときには、ベッドの上にブラウスやニット、ジャケット、スカートやパンツなどをどんどん広げて、色のコーディネートを考え、それに天気のことを考える。自分のワードロープのなかから時間をかけて自分がいちばん魅力的に見えるよう着こなしを探す。

着こなしの最後の締めは、当然コートやマフラーということになる。在りし日のミッテラン大統領が、ダークブルーのコートに真っ赤なマフラーをトレードマークのように巻いていたが、その人の個性を表す重要なアイテムとしてのマフラーは防寒という域を超えている。

一一月から三月までのパリは、ぶ厚い灰色の雲に覆われた空から肌を刺すような冷たい雨が降る陰鬱な日がつづく。だから、すてきなコーディネートだけでなく、憂鬱な気分を少しでもやわらげ、寒さから身を守ることも考えなければならない。だから巻き方もその人なりに工夫するのがフランス流。

ちょっと挑発的な下着をつけると

気分は当然開放的になり、マイクロミニスカートなら、足を組んだときにショーツが見えることだって、ままある。そんなとき、ちょっと挑発的な下着をつけると、自然に物腰も誘惑的になり、彼のハートを直撃する。デートのときにパリジェンヌが真っ先に考えるのはアウターウエアより、もしかしたらランジェリーだろう。夏のパリはどこまでもさわやか。湿度は三〇パーセント以下で、例外はあるが最高気温は三〇度以下。日没が夜の一〇時すぎとくれば、アフターファイブは天国に近いひととき。

男と女の間にはほどよいエロスが存在してこそ、人生が楽しくなるものだ。心がうきうきと高揚し、よりフェミニンになり会話もはずむというもの。何度も着がえながら鏡と向かい合う女性の姿はきっと万国共通だろう。エレスのランジェリーはひかえめなセクシーさと、コケティッシュなパリのエスプリが調和されていて、日本の女性にもおすすめのブランド。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

コートの色は悩むがふんわりとやわらかく羽織るような感覚がよい

どっしりと重苦しい感じではなく、ふんわりとやわらかく羽織るような感覚のコートが、女性を美しく見せるのだと思います。コートは何色を買えばいいか。ベージュでも黒でも、手持ちの服と合うなら何色でもOK。それ …

no image

スニーカー履きで足が痛い

まるまる二時間も歩いた頃には、スニーカー履きの私ですら少し足が痛かった。多分、マイラは街で一番丈夫な足裏の持ち主だったのだろう。あるいは、慣れてしまって足の不快感にも耐えられるようになっていたのかもし …

no image

カッティングのコート-洗練で勝負

・コートはカッティングの洗練で勝負 コートというのは、その存在そのものがあなた自身を語ってしまうから、パリジェンヌは若干の見栄やプライドと実用を上手に共存させている。少し厚手のコートをさらりと脱ぐと、 …

no image

スーツのパンツの丈直しは正しく行い着こなそう

・正しいパンツ丈でスーツを着こなす たいていの場合、私は自分で裾上げをします。たぶん買ったらすぐにはいてみたいからでしょう。ごくふつうには購入時、採寸をして店のほうで龍上げをしてくれます。ただし多少の …

no image

チャールズ・リンドバーグが大西洋を横断飛行したころ

それは、一九二七年ーチャールズ・リンドバーグが大西洋を横断飛行し、初の家庭向けテレビ放映が行われた年ー九月半ばの、フランスはニースでの出来事だった。今ではモダン・ダンスの祖とも呼ばれる五歳のアメリカ人 …