雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

フランスでは交流にパーティーをするのは常識

投稿日:

フランスでは大切な人をもてなすのに、レストランではなく自宅を利用するのが一般的。これはあなたは特別な方なのですというサインになるからだ。だから夫人の内助が旦那の株を上げたり下げたりもする。今晩のパーティーの席順はどうしましょうか?完璧に、しかも手際よくこなしてゲストに満足してもらってこそ有能なホステスというもの。マダム・ドゥ・ラ・ローランシーは悩んでいる。

また今晩は独身でいつも聞き役にまわるムッシュ・メナジエのとなりには気心知れたホスト役の夫が座るべきか、しかしそれでは末席になってしまう。若きエリート官僚のムッシュ・トウボンと高名な評論家ムッシュ・ルレーはどちらを上席に座らせるか。それとも思いきって才気あふれるマドモワゼル・ホワイエをもってきて親交を深めてもらうか。

よほどパーティーぎらいの人はともかく、夫人も仕事を助けている、という意識があるからやりがいももっている。もし、旦那がビジネスマンだったら、家庭がしっかりしているという印象を取り引き先に与えるのも戦略のひとつといえる。当然、料理にも心を配る。レストランでも料理を選ぶ前にロマネ・コンティなんて注文するのはご法度だ。ワインの選択はホストの役目。料理が主になるので、料理が決まってからワインを選ぶことになる。

フランスはとても保守的な国

フランスはとても保守的な国だ。大農業国なので、地方に行ったら信じられないほど時代遅れで前時代的である。
仕事と家庭生活はべつと言いながら、けっこう深い関係にあるのがフランス。だからマダムの着こなしにも磨きがかかる。大都会パリにおいてさえ、ブルジョワジーが多く住む一六区やヌイイーでは非常に保守的な家庭が今でも主流だ。

子どもが成人して独立していても、週に一度は家族全員が集まって食事をすることがならわしになっていたり、お祖父ちゃんやお祖母ちゃんから孫の名前をもらったり、母親が子どもにお見合いをさせたり、幼児洗礼を受けさせたり、数えあげたらきりがない。そんな家庭では小さいころからプロトコールとTPOを徹底的に学ばされるのである。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ダッフルコートの着こなし-応用範囲の広さが良い

・応用範囲の広いダッフル・コート ダッフル(duffel)はむかし、べルギー、アントワープ近くのダッフルという町で織られたところからその名前があります。地名としてはダッフル(Duffel)で、人口約一 …

no image

ピンクでフェロモンを高めるファッションへ

・ピンクで女っぷりをあげる やっばり、フェロモンって大事よね。ことの発端は、取材で訪れたミラノで見た四十、五十代女性たちの女っぶりのよさに感動してしまった、ということなんです。日本でこのくらいの年代だ …

no image

パリってどんなところ?

モードとは、そもそも他人から提案される流行。それよりは自分流をつらぬくほうがいい、と考えるのがパリジェンヌなのだ。東京では、パリモード暴風の影響をもろに受けるから、毎年、毎シーズン、流行にふりまわされ …

no image

毛皮を使ったデザイナーは大勢いたが

ダラスとサン・アントニオにあるモリス・ケイ&サンズ・ファーズ社は一五%増、ニュージャージー州フレミントンのフレミントン・ファー社は二五%増。かなり前から、ジャーナリストたちが毛皮の復活を吹聴 …

no image

スーツを着崩しできる男性になろう

・スーツで遊んでみよう スーツをあえて着崩してみたことがありますか?まず最初に、白のTシャツを着て、その上にスーツを羽織ってみる。そして近所のカフェ・テラスに座って、グラス・ワインの一杯を傾ける。ちょ …