雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

フランスがアルジェリアで文明化活動を実行してミルの賛同を得ていた頃

投稿日:

ミルほど著名で尊敬に値する知識人は他になかなか思いつかないが、恐ろしい犯罪に対する弁護の例として、これ以上に恥ずべき文章も考えられない。ミルのエッセイが書かれたのは、イギリスが帝国主義時代における最大の犯罪と言えるものに手を染めていた頃だった。イギリスは純粋な利他主義によって動機付けられ、独自に最も崇高な原則と価値観を奉していたが、残念ながら、冷笑的で恐らくは被害妄想のヨーロッパ人には誤解されてもいた。

フランスがアルジェリアで文明化活動を実行してミルの賛同を得ていた頃、フランスの陸軍大臣は現地の住民を皆殺しにすると明言していた。ヨーロッパの帝国主義の犯歴の方が更に悪質で、そのために使われたレトリックも同じくらい華々しかったということも思い起こしてみる価値がある。事実には、何かしら考えさせられるところがあるかもしれない。何しろ、ブートとケーガンは、悲劇が茶番劇として再現されるとしたマルクスの言葉を例証しているのだ。

ブラジルの軍事独裁制を批判する人は

ローマやミラノで、べルルスコーニの政策を批判する人を反イタリア的と非難したら、剛笑されるだけだろう。恐らくムッソリーニの時代であれば、そうした非難は通用しただろうが。かつてのソ連帝国では、反体制主義者は反ソヴィエト主義だとして断罪された。ブラジルの軍事独裁制を批判する人は、反ブラジル的というレッテルを貼られるのだろう。自由と民主主義を信奉する人々の間では、そんな扱いは考えられない。

ケーガンの反米主義の概念は、月並みとはいえ検討してみるだけのことはある。こうした主張では、いつも決まって反米主義やそれに類する言葉(アメリカ嫌いなど)が使われ、国そのものと文化ないし実績を尊重するどころか、アメリカこそが地球上で最高の場所だとしながら、国の政策を批判する批評家を中傷する。崇高な理想を伴わずに暴力的な手段がとられた例など、どこを見てもまずないということを覚えておくのは有益だ。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

ミグ戦闘機を何機か手に入れて領空防衛に乗り出せば

ニカラグア空軍が一九五〇年代に製造された年代物のミグ戦闘機を何機か手に入れて、領空防衛に乗り出せば、アメリカの安全保障は危機にさらされる。ミグ戦闘機はアメリカに危害を及ぼしうる(ボール・ソンガス上院議 …

no image

国際システムのプロセスを不寛容なものに

冷戦の開始は不可避であったのか?もしも不可避を「大いにありうる」と緩やかに解釈すれば、ポスト修正主義者たちが正しいことになる。2極構造は米ソ双方をヨーロッパの力の真空に吸い込まれやすくしたし、そこから …

no image

ブッシュはパナマを侵攻した機に乗じイラクに対する融資の禁止を解除

クルド人の農作物に大損害を与えたため、フセイン政権が火急に必要とする食糧を、アメリカは公費で援助し、それと共に大量破壊兵器に転用できる高度な科学技術と化学薬剤も提供した。彼らはブッシュ大統領の挨拶の言 …

no image

生物兵器禁止条約を強化するための国際的な取り組みを断念

安全保障に関する本当の脅威が、最優先すべき深刻な状況にあったのを示す証拠は、二〇〇二年九月一七日に帝国の壮大な戦略が発表された直後に示された。それに伴うリスクは、イラクに対する支配権を強化し、予防戦争 …

no image

テロリズムの公式定義は対抗テロの定義とほぼ同じ

テロリズムの公式定義は対抗テロ(低強度紛争または対ゲリラ戦と呼ばれることもある)の定義とほぼ同じだ。アメリカの公式定義は、一九八一年にレーガン政権が発足し、テロとの戦いを外交政策の最重要項目と宣言して …