雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

フランク・ミュラーの時計に一目ぼれしたある女性の買い物話

投稿日:

最近、時計を購入してしまいました、ちうある女性。それは、仕事で立ち寄ったショップでふと見かけたフランク・ミュラーの時計。

黒のフェイスに、縁はピンクゴールド、クロコのベルトで、メンズタイプのごつめのデザイン。出合ってしまった、としか言いようがないくらい、ひとめ見て欲しい!、と思い、その日からその時計のことが頭から離れなくなってしまった。

仕事を乗り越えるために、憧れのものを身につける。そのものが醸し出す品格に負けない自分であるよう、頑張る。こういう買い物の仕方は、粋です。女も三十歳を過ぎると、仕事で家庭で、がむしゃらに頑張らなければならない場面に遭遇するものです。

ちょうどその時期、ハードなスケジュールが重なり、体力的にも精神的にもへトへト、という有様。家に帰れば、夫や娘で癒されるといっても、愛だけではやっていけないわ!と本気で思ってしまうほど。でも、この時計のおかげでもうひとふんばり頑張るぞ、という底力がわいてくる。

思い切って購入

恋は盲目です。値段が値段なので、何度かショップで見てはどうしょうかな、と迷っていましたが、そのたびに、時計から強力なパワーを与えでもらっているような気がして、思い切って購入。買うときは、執念深くいろんなものを見比べて吟味をする彼女が、この時計に関しでは、絶対これしかない!、と決め込み、他のものをきちんと見ないほど。

ひとりでショップに買いに行ったとき、他に三人の女性客がいました。どの女性ももみな、ひとりで選んでいます。自分のために自分で時計を買う、という女性が確実に増えているんですね。働く女性にとって、恋した時計は想像以上のパワーを与えてくれるものだと、改めて思いました。そして、小さな発見もありました、とのこと。

バブルの時期は、宝飾店に行くと、おじさまを連れている若い女性を見かけて、いやな気分になることがよくありましたが、いまは男前な女性が増えて嫡しいかぎりです。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

お直しで洋服を復活させよう-多少料金がかかってもやる価値はある

たとえば、何年か前に活用した台形シルエットのスカートがあったとします。素材も上質で、色も気に入っている。だけど、今年はタイトスカートがはきたい気分なので、タンスの肥やしに。そんなときは、いっそのこと、 …

no image

服の引火で火傷を負う

プレーンな表面の生地なら炎が四秒未満で広がった場合、起毛した生地なら七秒未満で広がった場合が不合格。この実験が五回繰り返され、少なくとも二回不合格であれば、その生地はアメリカでの販売に不適とされる。し …

no image

スーツのパンツの丈直しは正しく行い着こなそう

・正しいパンツ丈でスーツを着こなす たいていの場合、私は自分で裾上げをします。たぶん買ったらすぐにはいてみたいからでしょう。ごくふつうには購入時、採寸をして店のほうで龍上げをしてくれます。ただし多少の …

no image

ファッションというもの全体について評価を試みてもいい頃

それほど金のないデザイナーが多いから、プレスに叩かれたら致命傷になりかねないんだ。今シーズン出来が悪かったデザイナーも、好意的な記事が出なかったことで、次回頑張ろうという気になるから。正直、ファッショ …

no image

パリジェンヌはアクセサリー使いがとても上手

同じ一本のパンツでもバッジや小物をうまくあしらえばヴィンテージ風にもなるし、またトップスにやわらかいブラウスを合わせてエレガントさを表現することもできる。普通の革ベルトのかわりに金属やビーズ編みのチェ …