雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

雑学

フライング判定装置は適正なス夕ートをしたか判定する機械

投稿日:2017年8月13日 更新日:

フライング判定装置は適正なス夕ートをしたか判定する機械

フライング判定装置は適正なス夕ートをしたか判定する機械である。

短距離走に導入されているフライング判定装置

陸上の世界選手権ではさまざまな精密機械が活躍しているが、なかでも興味深いのは短距離走に導入されているフライング判定装置である。

フライング判定装置はスターティング・ブロックからの信号で各選手が適正なス夕ートをしたか否かを判定する表置だ。

スターティング・ブロックに組み込まれた

スターティング・ブロックに組み込まれた小型のセンサーは、選手の動きを捉えて信号を送る。

ここでいう選手の動きとはスターティング・ブロックに二五キロ以上の重さが感じられた場合である。

スタートの合図を知らせるピストル音がしてから

スタートの合図を知らせるピストル音がしてから

もしスタートの合図を知らせるピストル音がしてから0.1秒以内にフライング判定装置ぼセンサーが動きをキャッチした場合、直ちにフライング信号がスターターに送られる。

これを受けたスターターはすぐにレースを中止させ、スタートのやり直しを命じることができる。

ピストル音のあと0.1秒以内なのだろう

ところで、なぜフライングの信号が送られるのが、ピストル音のあと0.1秒以内なのだろうか。

実は、人間の脳にピストル音の刺激が到達し、それに反応して行動を起こそうとするまでには、どんなに鋭敏な感覚の持ち主でも0.1~2秒はかかるからだ。

人間の聴覚が感知できる限界

この時間は人間の聴覚が感知できる限界なのである。

つまり、ピストル音が鳴ってから、それを耳で聴き、筋肉を動かしてブロックを蹴って飛びだすのだから、フライング判定装置のセンサーからの信号はスタートの号砲が鳴ってから。

0.1秒を過ぎた後ということになる

0.1秒を過ぎた後ということになるのである。

飛びだすのがそれよりも早ければ、スタートのタイミングにヤマをかけてあらかじめ動作を起こしている、フライングの疑いがあるとみなされるのだ。

フライング判定装置は

フライング判定装置

フライング判定装置はそんな時に役立つ。

フライング判定装置には、スタート・インフォメーション・システムというシステムがある。

スタート・インフォメーション・システムと

フライング判定装置のスタート・インフォメーション・システムとは、スターティングブロックに取り付けたセンサーのこと。

スタート合図からの反応時間を検出して、スターターを補助する装置のことを、スタート・インフォメーション・システムという。

反応時間が0.100秒未満の場合

このフライング判定装置のスタート・インフォメーション・システムは、反応時間が0.100秒未満の場合に不正スタートと感知する。

フライング判定装置のスタート・インフォメーション・システムは、大きな大会に使用されることが多い。

国際陸上競技連盟承認の際などにも、このフライング判定装置の仕組みが用いられているよう。

-雑学

執筆者:

関連記事

一般車両が追突する事故がありました

信号の電球はいつ交換しているのか?

もし信号機の電球が切れてしまったら大変。交通が混乱し、衝突などの事故の原因になりかねない。もちろん電球が切れる前に余裕をもって交換していますが、具体的な交換時期などについては各都道府県警の判断に任せて …

田舎のほうはドコモの電波塔の数が多い

昼の蚊と夜の蚊は種類が違う

昼の蚊と夜の蚊は種類が違うのをご存知だろうか。 蚊はゴキブリと並ぶ夏場の嫌われもの 蚊は、ゴキブリと並ぶ夏場の嫌われもの。夏になれば、蚊に刺されてかゆくてたまらないというのはよくあることだ。よく血を狙 …

田舎のほうはドコモの電波塔の数が多い

北海道の名前の由来-昔は北加伊道だった

最も異色な北海道 日本の都道府県名の中でも、最も異色なのが北海道である。北海道だけは他の県と違うところがけっこうある。 ところで、北海道の名前の由来はご存知だろうか。道がつくのは北海道だけであるし、明 …

プレバトというテレビ番組で

超音波を出す動物-マーモセットというサルの能力

超音波を出すサルがいるという。マーモセットというサルである。 キヌザルとかポケットモンキーとも呼ばれている。中米から南米にかけてすむ小型のサルである。尾の長さも含めて大型のものもいるが、普通は20セン …

ココアの持つ意外な健康効果とは?

柿の種にピーナッツが入るようになった起源は?

柿の種にピーナッツが入るようになった起源はご存知だろうか。柿の種は、最初は親指大の大きさで、今の形になったのは昭和初期。ただし、ピーナッツは入っていなかった。餅米を使ったあられや柿の種は食料品店が一斗 …