雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

服従訓練競技会のタイトルを獲得したのは能力の低い犬

投稿日:

ヴァンクーヴァーの犬の服従訓練クラブの訓練士で、メグという名のスタッフォードシャー・ブル・テリアを飼っているバーバラ・ベイカー。スタッフィーは、作業・服従能力の平均的な区分では、低いほうの順位になるにもかかわらず、バーバラはメグを訓練して犬の服従訓練競技会では最高レベルにまで引き上げ、アメリカとカナダの有用犬および服従訓練競技会のいずれでもタイトルを獲得した。

ある年、メグはカナダの服従訓練競技会で、ボーダー・コリー、プードル、ジャーマン・シェパード、ゴールデン・レトリーバーなど、数々の優秀な犬たちを抑えて、堂々最優秀犬の第3位となった。わずか数年前、パーバラはモーリという名のやはりスタッフィーを飼っていたが、それもまたカナダの服従訓練競技会で第八位に入賞している。どちらの犬も特別に選別されたものでも、際立った知能をあらかじめテストされたわけでもない。バーバラはスタッフォードシャー・ブル・テリアの中のァアインシュタイン、を引きあてただけかもしれない。

二頭ともペットとして選ばれた

メグはまぐれあたりだったと言う人もいるだろう。しかし、明らかにちがう。二頭ともペットとして選ばれたのだ。ある人ががいま現在飼っている犬はケアーン・テリア(作業・服従知能の順位は低い)と、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル(作業・服従知能の順位は低い)である。いずれも服従訓練競技会では優れた演技を見せた(それも、大部分はバーバラ・ベイカー、パーバラ・マークリー、エマ・ジルクなどの訓練士が力になってくれたおかげである)。

優秀で忍耐強い犬の訓練士が、適切な訓練と指導を与えれば、むずかしいとされている犬種でも素晴らしい服従・作業行動が示せることを実証した。訓練をおこない、犬の服従訓練を指導している経験からいって、犬種の中での彼らの順位が、その行動に表れているのを認めざるをえない、とあるトレーナーは話しているそうだ。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬の訓練やしつけに関する本について

犬の訓練やしつけに関する本。タイトルとしては犬のしつけステップ・バイ・ステップ愛犬を遊びながらしつける法犬の自然な訓練法などが目につく。犬の訓練に失敗したときの後始末の方法を指南する愛犬の問題、解決し …

no image

迷子になったコリーが一度もおとずれたことのない新しい家にたどり着く

ペットが一度も行ったことのない家に帰るという能力はよく聞く能力である。ドッシー博士が示唆している、一カ所に限定されない非局在的精神とは、わたしたちもペットも、個々の精神ということに関していうと、「だれ …

no image

ハウスや犬のしつけなど

犬も自分だけの安息の場所が必要です。犬がハウスの中で休んでいるときは、ちょっかいを出さないこと。ハウスはケージやサークルのほか、運搬用犬舎でも0K。また、ハウスは来客があったときなど、犬を一時的に入れ …

no image

デカルトの倫理-動物の行動で機械に置き換えられないものはないと断言

デカルトは最後の飛躍を試みた。動物はまさに、たんなる命をもった機械にすぎないというのである。いかに複雑であろうと、動物の運動はいかなる意識も思考もともなうものではない。たとえば心臓の鼓動を制御するのに …

no image

キャンベルハムスターの特徴や歴史

キャンベルハムスターが種として同定されたのは1905年のこと。英国では1970年代からペットとして広まっていました。ペットデビューは1994年5月で、日本でジャンガリアン人気が爆発した後のこと。日本に …