雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

服従・作業において平均的な犬などの能力

投稿日:

・作業・服従知能において平均的な犬

これらの犬は一回の号令で五〇%は反応するが、実際の作業内容と確実度は訓練のあいだの練習とくり返しの量に左右される。最初の学習のときから追加練習をおこなえば、確実に効果がある。ただし補足練習をしないと、学習したことを忘れてしまうようだ。適切な練習を積めばこれらの犬はよく記憶する。学習のあいだ、どんな作業でも一五回から二〇回くり返せば初歩的な理解は示し始める。しかしきちんと作業がおこなえるようになるには、二五回から四〇回の実践が必要であろう。これらの犬は飼い主との距離にきわめて敏感である。

彼らはまた作業・服従知能の高い犬種よりも反応に遅さが目立つ。飼い主がかなり近くにいれば、犬の行動の確実性はずっと高くなる。一定の距離以上(それでもあまり遠くない距離)になると、従わせるためには号令を何度もかける、あるいは犬きな声で命令することが必要になる。犬と飼い主との距離が開くほど、犬の行動の確実性が薄れ、予測がつけにくくなる。優秀なハンドラーなら、これらの犬を最高の犬種に負けないほどに育てあげることができるが、とくに忍耐力に欠ける未熟なハンドラーの手にかかると、結果はさんざんなものになる。

作業や服従の能力において中程度の犬

平均的な訓練を受けた場合、これらの犬は一回の命令で三〇%くらいしか反応しない。作業の水準を保っためには、頻繁に復習をくり返してやる必要がある。補足の練習を受けないと、これらの犬種は自分になにが求められているか忘れてしまう場合が多い。追加練習を何度もくり返して、やっと命令を習得し、確実で信頼度の高い作業ができるようになる。

新たに命令を教える場合、二五回ほどくり返してやっとおぼろげな理解を示し始め、きちんと作業ができるまでには四〇回から八〇回くり返さねばならない。その場合も、確実に習得したとはいいがたい。飼い主が非常に近くにいないとうまくできない。独立心が旺盛だ孤高を保っている服従することなど性に合わないのだなどと言って、その無反応ぶりを弁護する。これらは、初めて犬を飼う人には決して勧められない犬種である。これらの犬の飼い主は、ほとんどいつも叫び声をあげてばかりいる。ハンドラーと距離が離れている場合、犬がまったく反応してくれない。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬を飼うならご近所トラブルなどに気をつけよう

飼うことが決まったら、どこでどのように飼うのかを事前に決めます。まずは室内で飼う場合、居間の隅など家族とコミュニケーションがとれるようにしましょう。その次は、犬のための生活用品の用品揃え、あとは犬がく …

no image

犬に物の大きさの比較はできるのか?

犬に比較の能力はないのか。大きさの関係となると、犬は通常こうした単位でものを考えることはできないとされている。一八世紀の英国の作家であり評論家で、最初の英語辞典を編纂したサミュエルは、この分野における …

no image

ハムスターのストレス解消方法

・散歩は絶好のストレス解消法 散歩はただ運動になるだけでなく、ドワハムの好奇心を満たす知的冒険という大切な側面も持っています。ドワハムは運動が大好きなハムなのです。それが、1日中狭いケージの中に入れっ …

no image

猫はそのつらい体が許すかぎりの速さで彼女のもとへやってきた

一九五五年四月、職場を変えた正看護婦のヴィヴィアン・オールグッドは、オハイオ州サンダスキーからフロリダ州オーランドへ引っ越さなければならなくなった。愛するペットと別れざるを得ない状況というのはいつも悲 …

no image

ボクサー犬の雑種はおかしな癖をいくつももっていた

ある家族の話。彼女はボクサー犬の雑種で、体型がやや小さすぎ、顎の発達具合もあまりボクサー風とはいえなかった。ペニーには非常に魅力があったが、おかしな癖もいくつかもっていた。そのきわめつけのひとつがパー …