雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

服従訓練競技会のデータについて

投稿日:

服従訓練トライアルの規定の中に要求されている条項があり、犬の服従訓練競技会のデータが、犬種別作業知能の相対的な査定に必要なデータとなることが示唆されている。規定は次のようになっている。研究室でおこなわれる調査よりも、実際面でばらつきは犬きいにしても、犬種別にさまざまな比較を可能にするだけの均質性が存在することになる。参加者はひとつの種目において、演技を相対的に比較し採点できるよう、同一の課題をほぼ同一の形態で遂行することが求められる。例外は、犬それぞれの体格に応じて跳躍の高さや幅が調整される点。犬種を問わず、すべての犬が同じ課題を同じ形態で遂行する。

AKCは服従訓練競技の記録を定期的に出版している。ある専門家が競技の一年分のデータを入手した。そこにはアメリカ全土でおこなわれた二〇〇〇近くの服従訓練トライアルの記録が収められている。この素晴らしいデータ・ベースをもとに、競技会での成績を調べれば、犬種の最高から最低までを簡単に割り出すことができると専門家は考えた。参加した犬はおよそ一二万五〇〇〇頭で、服従訓練の資格を得たものは一万一〇〇〇頭以上である。一年のあいだに一頭しか服従訓練資格を取れなかった犬種は、次のとおりである。

一頭しか服従訓練資格を取れなかった犬種

イングリッシュ・トイ・スパニエル、ミニチョア・ブル・テリア、チベタン・スパニエル、サセックス・スパニエル、チべタン・テリア、ォッター・ハウンド、パンデーン、カナーン・ドッグ、コモンドール。一年間のあいだに、一度も服従訓練資格を取れなかった犬種は、間違いなく作業・服従知能においては最も下位とみなすことができるだろう。

ダンデイ・デインモント・テリア、アメリカン・フォックスハウンド、イングリッシュ・フォックスハウンド、レイクランド・テリア、オーストラリアン・ケルピー、ハリア。仮説にあてはまるのはこれらの犬たちである。最も資格を多く取得した犬種は、ゴールデン・レトリーバー、シェットランド・シープドッグ、ジャーマン・シェパード、ラブラドール・レトリーバー、ロットワイラー、プードル、ドーベルマン・ピンシャー、ボーダー・コリー、コッカー・スパニエル、コリーであると割り出したようだ。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

ペットショップのこれまでの長い歴史

ペットショップのこれまでの長い歴史。 ペットショップの老舗のなかには、いまでも〇〇鳥獣店の看板を掲げている店があり、日本のペットショップの長い歴史を偲ばせています。時代が下がって大正時代になると熱帯魚 …

no image

生後一年以上経った犬はしつけが難しい

ブルドッグのある飼い主は、服従訓練の初級クラスを受けて、犬との生活が一変したと語っている。受講する前は、この犬にとって私たちなどいないも同然のようでした、語るある飼い主。鈍い犬種では基本的なしつけとし …

no image

犬の操作能力および問題解決のテスト

・操作能力および問題解決のテスト 低すぎて犬が頭をつっ込むことはできないが、前足をその下に入れることはできる、という程度の高さのテーブル状のものを用意する。本を二、三冊ずつ離して積み重ね、その上に大判 …

no image

ペットが不可能としか思えない困難を克服してわが家へ

オレゴン動物愛護協会の会長であるE・ホーファー大佐は、ボビーのとほうもない旅について調査をおこなった。不可能としか思えない困難を克服してわが家へ、一家団鍵の輪のなかへもどった動物のとりわけ有名な話に、 …

no image

迷子になったコリーが一度もおとずれたことのない新しい家にたどり着く

ペットが一度も行ったことのない家に帰るという能力はよく聞く能力である。ドッシー博士が示唆している、一カ所に限定されない非局在的精神とは、わたしたちもペットも、個々の精神ということに関していうと、「だれ …